ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

雷神社

らいじんじゃ

式年銚子大神幸祭は、康和4年(1102年)に銚子高神の高見を大津波が襲ったことに端を発する天変地異が続いたため行われるようになった祭です。20年ごとに、かつての東之荘33郷より人々が集まり、東大社(東庄町宮本)、雷神社(旭市見広)、豊玉姫神社(小見川町貝塚)の三社から銚子の外川浦まで2泊3日をかけて練り歩きます。千葉県指定無形民俗文化財になっている倉橋の弥勒三番輿が三社の露払いとして先導します。雷神社の関東一の大神輿や大名行列、剣舞などが続きます。

基本情報

施設名

雷神社

所在地

千葉県 旭市 見広1371 

20年毎(4月)に開催します。踊りの衣装が美しく、若い人も参加し出店も立ち並び多くの人々で賑わいます。外川浦の浜辺の広場には最高の人出となります。次回は平成42年(2030年)です。

交通アクセス

車で行く

銚子連絡道路横芝光ICから126号を銚子方面へ40分

電車で行く

JR総武本線飯岡駅から徒歩20分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

雷神社(らいじんじゃ)

電話番号

0479-55-2451

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する