• おもてなしトイレ
  • 旅の便利情報
  • 法人・団体向け

詳細検索

旅の計画を作って伝える マイ旅プラン

ここから本文です。

ホーム > 観光情報検索 > なめろう・さんが焼き

なめろう・さんが焼き

なめろうさんがやき

千葉県の郷土料理で、新鮮なアジやイワシ、カツオなどを用いて作られ、県内各地の食事処で味わうことができます。

身を包丁でたたき、味噌やネギなどの薬味を混ぜて作ったものをなめろうといいます。
「皿までなめてしまうほど美味しい」ことが名前の由来といわれています。

なめろうを焼いたものを「さんが焼き」といいます。山小屋で焼いたことから「山家(さんが)」の名がついたといわれています。

おすすめポイント

なめろう、もしくは味付けした刺身をごはんに盛り、出汁などをかけたものは「まご茶」と呼ばれます。
名前の由来は、孫にも食べさせたいほど美味しいから、まごまごせずにすぐ食べられるから、など諸説あります。

所在地

千葉県 館山市 ほか各市町村

お問合せ先

名称(ひらがな)

千葉県観光物産協会 (ちばけんかんこうぶっさんきょうかい)

電話番号

043-225-9170

この情報は2017年10月11日現在の情報となります。