• おもてなしトイレ
  • 旅の便利情報
  • 法人・団体向け

詳細検索

旅の計画を作って伝える マイ旅プラン

ここから本文です。

ホーム > 観光情報検索 > 大木式ハム・ソーセージ

大木式ハム・ソーセージ

おおきしきはむそーせーじ

大正時代、日本人として初めて本格的なソーセージやハムの製造を始めた横芝光町出身の大木市蔵(1895~1974)の技術を再現しました。
レストランで食べられるほか、ギフトとしても人気の逸品です。

大木は横浜でドイツ人にソーセージの製法を学び、大木ハム製造商会を立ち上げたほか、全国各地で製造技術の普及に尽力した人物で、「日本のソーセージの父」として知られています。

おすすめポイント

横芝光町は昔から養豚業が大変盛んでした。
良質な豚肉を用い、シンプルな味付けで、肉本来の味わいが楽しめます。

施設名

横芝光町内ほか

所在地

千葉県 山武郡横芝光町

交通アクセス

車で行く

銚子連絡道路横芝光IC

電車で行く

千葉駅よりJR総武本線 横芝駅

バスで行く

成田空港第2ターミナルより横芝光号成田便

お問合せ先

名称(ひらがな)

横芝光町商工会 (よこしばひかりまちしょうこうかい)

電話番号

0479-82-0434

ホームページ

大木市蔵WEB記念館(外部サイトへリンク)

この情報は2017年10月13日現在の情報となります。