ホーム > イベント > 結縁寺不動明王立像の御開帳

ここから本文です。

結縁寺不動明王立像の御開帳

けちえんじふどうみょうおうりゅうぞう

結縁寺は、千葉ニュータウンのすぐ近くにある76ヘクタールの田や畦(あぜ)、斜面林のほかため池などの水辺環境も残る谷津地域にあります。
こちらの不動明王立像は、1,303年鎌倉時代後期に造像されたもので、像高47cm、右手に宝剣、左手に羂索を持っています。
左の上牙で下唇を、右の下牙で上唇をかみしめ、忿怒形(怒りの表情)を以って人々を導きます。
この仏像は像高47cmで、右手に宝剣(ほうけん)、左手に羂索(けんさく)を持っています。左の上牙で下唇を、右の下牙で上唇をかみしめ、全体的に力強く写実的です。
正面の裳(もすそ)(腰から下の衣)には「嘉元(かげん)元年癸卯(みずのとう)九月十五日願主権律師瀧尊」の銘(めい)が刻まれており、1303年(鎌倉時代後期)に造像されたことがわかります。
光背(こうはい)と岩座(いわくら)は後に補ったものです。結縁寺に安置され、毎年9月28日に開帳されます。
1914(大正3年)4月17日に国の重要文化財に指定されました。

結縁寺不動明王立像の御開帳の開催期間

2018年9月28日

基本情報

開催場所

結縁寺
千葉県 印西市 結縁寺516

交通アクセス

バスで行く

JR木下駅ちばレインボーバス船尾車庫行「船尾車庫」下車徒歩10分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

印西市教育部生涯学習課(いんざいしきょういくぶしょうがいがくしゅうか)

電話番号

0476(33)4714

ホームページ

印西市公式ホームページ(外部サイトへリンク)

この情報は2018年9月10日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する