ホーム > 観光情報検索 > 市川市/辻切り

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

市川市/辻切り

つじきり

国府台辻切りは、古くから国府台地区と、国分地区にかけた地域で盛んに行われていた正月の民俗行事です。
人畜に危害を与える悪霊や悪疫が村に入ってこないように村の出入り口にあたる四隅の辻を霊力で遮断してしまうことから起こった呼び名です。
早朝、天満神社に集まり市内の休耕田でチビッ子が栽培した水穂のわらを使って体長約3mもある大蛇を4本作ります。
蛇の目玉は半紙に墨を塗り、耳はビワの葉、首に木札を掛ける。
頭と胴体を別々に作ったものを合体し、御神酒を含ませ魂入れをします。
首には白幡天神社の神職から来る、将棋の駒形の木の札を結びつけます。

おすすめポイント

1月17日(金曜日)9時00分~12時00分

基本情報

施設名

国府台天満宮

所在地

〒272-0827 千葉県 市川市 国府台3-11

天満神社へは、JR総武線市川駅からバス松戸駅行き「公民館前」下車徒歩約10分

交通アクセス

バスで行く

JR総武線市川駅よりバス 京成国府台駅経由 松戸駅行き「公民館」下車徒歩7分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

市川市観光協会(いちかわしかんこうきょうかい)

電話番号

047 (711)1142

FAX番号

047(711)1146

ホームページ

市川市役所(ふるさ市川→指定文化財)(外部サイトへリンク)

この情報は2019年12月2日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する