ホーム > イベント > しいかご舞

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

しいかご舞

多古のしいかご舞は、八坂神社の祇園祭に町の中心になる本町、仲町、新町の三町の人々により宵宮と本祭りの夜に2回演じられます。神社の前に二間四面の特設舞台が作られ、南側の中央に高さ12mのツグメといわれる丸柱が立てられます。舞は、囃子方の笛の演奏にはじまり三町から各1名が参加する獅子3、鹿3、マンジュウ3と年番の町から猿1が参加し演じます。舞は、手を上下させる簡単なもので最後に猿が破魔の弓矢をもってツグメに登ります。

基本情報

開催場所

県指定無文
千葉県 香取郡多古町 香取郡多古町多古2696八坂神社

八坂神社へは、JR成田線成田駅からバス三里塚又は八日市場行き「多古新町」下車徒歩3分

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称

多古町産業経済課

電話番号

0479-76-5404

ホームページ

多古町役場(外部サイトへリンク)

この情報は2015年3月4日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する