ここから本文です。

更新日:2015年8月14日

三世代で楽しむ旅

最近は親子だけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんもいっしょに「三世代」で楽しめる施設が増えています。違う世代が一緒に旅することで、見えてくる景色、楽しみ方がありそうです。さぁ、「三世代」ご一緒に楽しむ旅を始めましょう。
※紹介する観光スポットの見学時間は、目安です。

成田ゆめ牧場【所要時間】約2時間

本物の自然のなかで、牛やヤギ、羊などの動物たちとふれあえる牧場です。牛の乳絞り体験や、バター作り、ジャム作りなどの体験メニューも豊富。また、釣り堀やアスレチック、芝すべりなどのアトラクションもいっぱいあり、大人から子供までたっぷり楽しむことができます。このほか、夏季の「ひまわりの巨大迷路」など季節の花や、ピーマン、ナス、オクラといった夏野菜の収穫体験も用意されています。また、ゆめ牧場こだわりの牛乳を使用したオリジナル乳製品もあり、お土産もバッチリ。平成26年3月にオープンした自家製チーズ料理専門店「チーズフォレスト」をはじめ、レストランやカフェも充実していますので、いっぱい遊んだ後には、おいしい料理に舌鼓を打ってみてはいかがでしょう。

車 約30分

栄町総合交流拠点 ドラムの里(昼食)

森の中のレストラン「木もれ日レストラン」や、JA西印旛が手がける直売所「四季彩館」、交流室などを備えた複合施設です。ガラス張りで陽光があたたかく差し込むレストランでは、地元のお母さんたちが心を込めてつくる自然派の料理が味わえます。栄町の特産「どらまめ(黒大豆)」を使ったコロッケや、地元産野菜の天丼などが人気。直営の農園を所有し、常に安心で新鮮な食材を心がけています。また、毎週金曜日には、蕎麦職人による水にこだわった打ち立ての蕎麦も提供しています。食事の後は、四季彩館で新鮮な農産物や、栄町の特産品などを買うもよし、敷地内の芝生広場で楽しむもよし、思い思いの楽しみ方で過ごすことができます。  

徒歩 約1分

千葉県立房総のむら【所要時間】約2時間

「千葉県立房総のむら」は、江戸時代後期から明治時代初期までの房総地方に伝わる商家や武家屋敷、農家などを、当時の環境まで含めて再現するとともに、房総地方の伝統的な技術や生活様式などを、直接体験することによって学ぶことができる体験博物館です。ドラマや映画のロケ地としても頻繁に利用される敷地内に、一歩足を踏み入れるとまるでタイムスリップしたかのよう。おじいちゃん、おばあちゃんにとってはどこか懐かしい町並みを、子供たちに昔語りをしつつ歩くのも楽しい思い出になりそうです。千代紙ろうそく作りや、畳表を使ったコースター作り、焼き物、染め物などの体験(※予約制のものあり)も毎日開催されていますので、誰でも自分のレベルに合わせたモノ作りを楽しむことができます。また、古い商家の町並みの中には、そば屋や、喫茶室などもありますので、こちらもぜひ利用してみましょう。 

情報提供:(有)ちばマガジン(外部サイトへリンク)