ホーム > おすすめコース > 人気のモデルコース > マイナスイオンたっぷりの旅

ここから本文です。

更新日:2015年4月27日

マイナスイオンたっぷりの旅

豊かな自然に恵まれた千葉県は、森林や川、滝、県民の森など、爽やかな気分になれるスポットが多数存在します。暖かな日差しが心地良い新緑の季節、日頃の喧噪(けんそう)から離れて、緑あふれるマイナスイオンたっぷりの旅に出かけてみてはいかがでしょう。
※紹介する観光スポットの見学時間は、目安です。

船橋県民の森(所要時間:約1時間)

県内に6カ所ある「県民の森」のひとつです。15ヘクタールの森には、多種多様な樹木が生い茂り、グラウンドゴルフやボール遊びなどが楽しめる運動広場や、バーベキューができる野外炉(やがいろ)など、レジャーを楽しみながら自然と触れ合えます。市街地からほど近い場所にありながら、全身を使って自然を堪能できるフィールドアスレチックや、小さな泉から小川が流れ、野鳥達が水を飲みに訪れる野鳥の森など、広大な自然が広がっています。また、自然観察会や野鳥観察会、体験教室といった様々なイベントを毎月開催しています。

course_car.gif

車 約1時間

戸定邸(とじょうてい)(所要時間:約1時間)

国の重要文化財にも指定されている「戸定邸」は、水戸藩第11代藩主である徳川昭武(あきたけ)が1884年(明治17年)に私邸として建てたものです。芝生に丸い樹木の刈り込みを配した和洋折衷式の庭園や、竹林やイチョウに囲まれ整備された散策路など、美しい緑を眺めながら歴史に触れることができます。隣接する歴史館では、「黄門様」でおなじみの水戸徳川家から明治維新後に分かれた分家・松戸徳川家伝来品の展示や、幕末から明治にかけての古写真に関する企画展や特別展も開催されています。

course_car.gif

車 約2時間

DIC川村記念美術館(所要時間:約2時間)

佐倉市の「DIC川村記念美術館」は緑豊かな庭園内にあり、自然散策路では菜の花や桜、あじさい、ヤマユリ、ヒマワリ、オオガハス、紅葉など四季折々の草花を身近に楽しむことができます。館内には17世紀オランダの巨匠レンブラントや印象派を代表するクロード・モネから、第二次世界大戦以降の欧米美術、さらには近世・近代・現代の日本美術に至るまで、多くの芸術家の作品が展示されています。また、レストランや茶席、ミュージアムショップなど美術鑑賞の合間に利用できる施設も充実しています。

course_car.gif

車 約50分

養老渓谷温泉郷(宿泊)

房総半島の中心に位置し、山と谷が織り成す自然美が楽しめる養老渓谷。周辺には、10数軒の温泉宿が並びます。なかには、ヨード分を多く含み、こげ茶色をした温泉「黒湯」が自慢の宿や、周囲の緑を一望できる露天風呂もあります。日帰り入浴が楽しめる施設もあるので、今夜のお宿に着く前に寄ってみる、なんていう楽しみ方も。夕食では、川魚料理や、一般に「ぼたん鍋」として知られるイノシシの肉を使った「しし鍋」に舌鼓。夜は、都会にはない木々の葉ずれの音や、虫の声に包まれて、ゆっくりと眠りにつくことができるでしょう。

  • 住所:夷隅郡大多喜町
  • 電話:0470-80-1146(大多喜町観光協会)

2日目を見る