ホーム > おすすめコース > 週末ぶらり千葉の旅 > vol.55【八街市】落花生の郷、八街市を歩こう!

ここから本文です。

更新日:2016年2月22日

vol.55【八街市】落花生の郷、八街市を歩こう!

ピーちゃん ナッちゃん

八街市
ピーちゃん ナッちゃん

今回は、八街市のイメージキャラクターピーちゃん、ナッちゃんがお勧めする「落花生の郷、八街市を歩こう」コースを紹介します。
今回のウォーキングコースは、八街市の歴史に触れながら歩くコースです。
八街市では、奈良時代の山邊郡の公印である銅印「山邊郡印」(やまのべぐんいん)が出土し、昭和46年に国の重要文化財に指定されました。
郷土資料館では、八街市の歴史を概観できる資料が展示されています。
また、ゴール近くの八街駅南口には、八街市推奨の店「ぼっち」があります。八街市の特産品である落花生などが購入できるので、是非、立ち寄ってみてください。 


〈お問合せ先〉
八街市経済環境部商工課
TEL:043-443-1405

コースマップ

コースの概要

(1)八街中央公園→(2)貴船神社→(3)八街市郷土資料館→(4)けやきの森公園→(5)八街市推奨の店「ぼっち」

 

総距離約7.0㎞のコース内容となっております。

[所要時間:徒歩で1時間40分程度]※施設の見学時間は含みません。

コース詳細

八街中央公園

(1)八街中央公園

テニスコートのある公園で、緑が多く、市民の憩いの場になっています。

 

 住所:八街市八街ほ155-1

 

 

 

徒歩25分

貴船神社

(2)貴船神社

文政13(1830)年の創建と伝えられ、降雨止雨を司る闇龗神(くらおかみのかみ)が祀られています。

創建には、大蛇にまつわる伝説が残っています。

 

 住所:八街市富山1336-3

徒歩30分

八街市郷土資料館

(3)八街市郷土資料館

常設展示・体験型展示・図書閲覧コーナーで構成されていて、毎年秋(10月~12月)には、八街に関連した企画展示を行っています。常設展示では、重要文化財である「山邊郡印」(複製品)や宮前・麾拝塚古墳から出土した直刀、かわらめき古墳から出土した古式須恵器などの考古資料のほか、明治時代以降の開墾作業で使用した農具や民具を展示しています。

 

 

  住所:八街市八街ほ800-3 

 

  休館日:月曜日(休日の場合は翌日)・祝日・

      年末年始

                 ※5月5日及び11月3日開館

      電話番号:043(443)1726

 

徒歩18分

けやきの森公園

(4)けやきの森公園

けやきの大樹がそびえ、芝生のある緑豊かな公園です。ピーナッツの道と呼ばれるでこぼこした道があり、その上を歩くこともできます。駅からも近く、市民の散歩コースになっています。

 

 

 住所:八街市八街ほ245-1

 

 

 

 

 

徒歩4分

 

八街市推奨の店「ぼっち」

(5)八街市推奨の店「ぼっち」

JR八街駅南口にあり、八街市の特産品の落花生をはじめ市内で生産されている野菜やお菓子などいろいろ取りそろえています。八街の「おいしい」に会えるお店です。

 

 

 住所:八街市八街ほ238-45

 

 電話番号:043(497)2447