ホーム > おすすめコース > 週末ぶらり千葉の旅 > 週末ぶらり千葉の旅バックナンバー > vol.19【東庄町】「天保水滸伝巡り」コース

ここから本文です。

更新日:2014年9月17日

vol.19【東庄町】「天保水滸伝巡り」コース

東庄町役場産業振興係 加瀬さん

今回は東庄町の加瀬さんがお奨めする天保水滸伝コースをご紹介いたします。
今回のコースのポイント・・・観光ガイドさんと周る天保水滸伝遺跡巡り
浪曲や講談で有名な「天保水滸伝」の遺跡を周るコースです。江戸時代後半の天保時代、笹川繁蔵と飯岡助五郎二人の侠客による勢力争いの物語となった舞台を巡るものです。
出発地点となる諏訪神社境内には観光案内所があり、毎週火、水、土、日曜日(午前10時~午後3時)に、「観光ガイドの会」のメンバーがボランティアで案内してくれます。
<コースお問合せ先>
東庄町役場 産業振興係(TEL:0478-86-6075)

東庄町役場ホームページ(外部サイトへリンク)

東庄町観光協会ホームページ(外部サイトへリンク)

コースマップ

天保水滸伝ぶらり散歩マップ

天保水滸伝ぶらり散歩マップ(PDF:233KB)

拡大マップへ(PDF:233KB)

東庄町マップ

東庄町マップ(PDF:55KB)

拡大マップへ(PDF:55KB)

コース概要

JR笹川駅徒歩5分→(1)諏訪神社→(2)天保水滸伝遺品館→(3)延命寺→(4)十一屋→(5)ビヤク橋→(6)入正醤油→(7)西福院→徒歩20分JR笹川駅
[所要時間:2~3時間] ※施設の見学時間にもよります。

諏訪神社(すわじんじゃ)の画像

(1)諏訪神社(すわじんじゃ)

笹川駅を出発し、5分程歩くと赤い灯篭が並ぶ諏訪神社に到着します。諏訪神社の境内には、天保水滸伝遺品館や千賀ノ浦土俵場、笹川繁蔵が建てた相撲の神様野見宿穪命(のみのすくねのみこと)の碑がありますが、まずは、天保水滸伝遺品館となりの観光案内所からスタートです。

笹川の相撲まつり

笹川の相撲まつり

笹川の相撲まつりは、浪曲や講談で有名な「天保水滸伝」にも登場する由緒あるお祭りで毎年7月最終土曜日に開催されます。現在は、七つの地区の廻り番により、自衛隊力士や町内の子ども会力士による「団体戦」や「勝ち抜き戦」「三役相撲」など、多くの取組が行われます。さらに毎年8月本町で相撲の夏合宿を行なっている、大相撲 出羽海部屋の力士による奉納相撲も予定されています。

笹川の相撲まつり(諏訪神社秋季大祭)(外部サイトへリンク)

開催日:平成24年7月28日(土曜日) 奉納相撲は、11時30分~15時30分

徒歩 約0分

天保水滸伝 遺品館の画像

(2)天保水滸伝遺品館(てんぽうすいこでんいひんかん)

笹川繁蔵愛用のキセルや、平手造酒愛用の徳利など、当時の侠客の風俗を語る遺品が展示されています。
『利根の川風袂に入れて月に棹さす高瀬舟』は浪曲で歌われるの有名なくだり。
映画「天保水滸伝」大正3年から昭和51年までで46作品、「平手造酒」は11作「勢力富五郎」は5作制作されています。
天保水滸伝遺品館となりの観光案内所には、懐かしい映画の資料も展示してあります。

徒歩 約5分

延命寺の画像

(3)延命寺(えんめいじ)

笹川山と号する真言宗智山派の寺。笹川繁蔵の碑や剣客・平手造酒、勢力富五郎の笹川一家3人衆の墓や碑があります。
高さ3mの笹川繁蔵の碑は昭和15年地元の有志が、繁蔵を偲んで建造。
すごろくをかたどった勝負石も置かれ、パワースポットになっています。

徒歩 約5分

十一屋の画像

(4)料亭 十一屋(りょうてい じゅういちや)

飢饉続きで困窮する農民を救済するために繁蔵は、奉納相撲に合わせては花会を開きました。浪曲の演目「笹川の花会」は、関東の大親分があつまった料亭十一屋での賭博場開張の話しです。現在は、当時の面影は無く民家のためガイドさんのおもしろい話をお聞きください。

徒歩 約8分

ビヤク橋の画像

(5)ビヤク橋(びやくばし)

弘化4年7月4日。賭場帰りの繁蔵は、ビヤク橋で飯岡側の闇討ちにあい殺害されたとされていますが、現在は、ビヤク橋は無く、笹川繁蔵が最期をむかえた場所には、笹川繁蔵最後の碑がひっそりと建っています。

徒歩 約10分

入正醤油工場の画像

(6)入正醤油工場(いりしょうゆこうじょう)

昭和60年放送のNHK連続小説「澪つくし」のロケが行われた入正醤油工場。秋田杉の八尺五寸の大樽で熟成させた伝統樽仕込み、純・天然醸造の醤油を製造する工程を見学することが出来ます。(見学無料・要予約)

徒歩 約5分

西福院の画像

(7)西福院(さいふくいん)

文暦2年(1235)意教上人が開基したという西福院は、繁蔵の岩瀬家の菩提寺(檀那寺)です。
笹川繁蔵は、文化7年(1810)下総国須賀山村(香取郡東庄町)に岩瀬繁蔵として生を受け、生家は代々醤油と酢の醸造をしてきた村きっての物持ちで、繁蔵は幼少のころから漢字や数学、剣などを著名な師について学び、人間的にも優れた人物だったと言われています。
西福院は、牡丹のお寺としても有名です。

さいごに

笹川夏合宿の様子

「天保水滸伝」ゆかりの土俵では、大相撲 出羽海部屋の力士が、毎年8月に笹川夏合宿を行なっています。早朝稽古の見学を始め『ファン感謝デー』には、「赤ちゃんの初土俵入り」や、「ちゃんこの無料配布」などが予定されています。

第12回 笹川夏合宿(外部サイトへリンク)

開催日 平成24年8月6日(月曜日)~19日(日曜日) 午前6時~午前9時30分まで朝稽古(雨天決行・荒天中止)13日(月曜日)はお休み

『ファン感謝デー』12日(日曜日) 午前9時~

東庄町観光協会ホームページ(外部サイトへリンク)

東庄 一口メモ

東庄町の見どころを観光パンフレット「るるぶ東庄(外部サイトへリンク)」に満載しました。
希望者には郵送いたします。是非、緑豊かな川のまち、美味しいものもたくさんあります。
東庄町を堪能してください。

東庄町観光協会事務局(外部サイトへリンク) TEL:0478-86-6075(東庄町役場内事務局)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。