ホーム > おすすめコース > 週末ぶらり千葉の旅 > 週末ぶらり千葉の旅バックナンバー > vol.23【芝山町】「芝山町の歴史巡り」コース

ここから本文です。

更新日:2014年9月17日

vol.23【芝山町】「芝山町の歴史巡り」コース

芝山町まちづくり課 井上さん

今回は芝山町の井上さんがお奨めする「芝山町の歴史巡り」コースをご紹介します。
芝山町といえば貴重な文化財です。
今回は芝山はにわ博物館や殿塚・姫塚など芝山の文化財に触れ、歴史を感じることのできるコースとなっています。
<コースお問合せ先>
芝山町まちづくり課産業振興係 電話:0470-77-3918

芝山町ホームページ(外部サイトへリンク)

コースマップ

芝山町コースマップ(PDF:852KB)

拡大マップへ(PDF:852KB)

コース概要

芝山千代田駅→(1)殿塚・姫塚→(2)芝山町立芝山古墳・はにわ博物館→(3)芝山仁王尊・観音経寺→(4)道の駅 風和里しばやま→芝山千代田駅
【所要時間:2.0~3.0時間】 ※施設の見学時間にもよります。

(1)殿塚・姫塚の画像

(1)殿塚・姫塚

千葉県には多くの古墳があり、その数は12,000基以上を数えます。なかでも、芝山町周辺には数多くの遺跡が残されています。芝山古墳群をはじめとする500基を越す古墳があったと言われており、そこからは様々な埋蔵品やはにわが発掘されました。その中で最も大きな前方後円墳であり、古墳時代後期のものと言われているのが国指定史跡である殿塚・姫塚です。
この古墳からは全国ではじめて形象埴輪の行列が発見され、これらのはにわは日本を代表するものといわれております。

徒歩 約30分

(2)芝山町立芝山古墳・はにわ博物館の画像

(2)芝山町立芝山古墳・はにわ博物館

芝山町には約500基もの古墳が存在し人物や動物、古代の道具などをかたどった形象埴輪と呼ばれる土の造形物を、円筒埴輪とともに古墳の周りにめぐらせたものが多数発見されました。

5世紀後半から7世紀はじめまで続いたこのはにわを作る風習は、文字がほとんど残されていない当時の文化や歴史背景を知る大きな手がかりとなります。

当博物館で芝山町の古墳とはにわについて理解を深めていただくことで改めて古代と現代の繋がりを感じていただくことができると思います。

【 芝山町立芝山古墳・はにわ博物館のホームページ(外部サイトへリンク) 】

徒歩 約3分

(3)芝山仁王尊・観音教寺の画像

(3)芝山仁王尊・観音教寺

芝山仁王尊・観音教寺の創建は奈良時代末期天応元年(AD781年)、光仁天皇の勅命により征東大使・藤原継縄公が、守り本尊である11面観音大菩薩を安置したことに始まります。
中世には千葉氏の祈願所として繁栄し、近隣に80余りの子院を置く大院となります。10州(関8州に出羽、陸奥を加える)の天台寺院を統括しました。また、庶民の間では火事・泥棒除けの仁王像の通称で親しまれ、火消し衆や商屋の篤い信仰を得て、「江戸の商屋で火事泥棒除けの仁王様のお札を祀らないお店はない」とまで言われていましたので、厄除け・火事除けにお勧めです。

徒歩 約25分

(4)道の駅「風和里しばやま」の画像

(4)道の駅「風和里しばやま」

「風」「和」「里」をコンセプトに県内有数の農業地帯である芝山町産の新鮮な農産物や加工品等の販売を行っています。
また、観光情報の発信拠点として、また、芝山町産のお米、ジャガイモ、さつまいも、にんじんほか農作物の収穫期に合わせた「収穫体験」を開催しています。詳しくは風和里しばやま公式ブログをチェックしてください。

道の駅「風和里しばやま」のホームページ(外部サイトへリンク)

さいごに

芝山町には今回紹介した場所以外にも、お勧めのスポットがたくさんあります。
まず平成24年4月26日に芝山町の「国道296号線」沿いに、空港南側農産物直売所「空の駅 風和里しばやま」がオープンしました。施設の中心となっている農産物直売所では約200人の会員が生産する地元の農産物や千産千消産品、花、惣菜、生鮮食料品、みやげ物、工芸品などを取り扱い、生産者の顔が見える販売を行っています。情報コーナーや休憩所も設置されておりますので、お気軽にお立ち寄りください。また、「空の駅 風和里しばやま」では、焼きたてパンの販売や、地元の新鮮な野菜をふんだんに使ったバイキング形式のレストランも併設しておりますので、飛行機を眺めながらお食事をお楽しみいただけます。

また、航空科学博物館(外部サイトへリンク)は航空科学に関する様々な資料を集めた日本で初めての施設です。日本で最初に飛行したアンリー・ファルマン複葉機が原寸に復元され展示されているほか、コックピットからの操縦により、翼のフラップや車輪の上げ下げ、機体の旋回などパイロット気分を味わえるジャンボジェット機ボーイング747-400型の動く模型は、世界最大であり、全長・全幅とも約10メートルで実物の8分の1の大きさで迫力満点です。
芝山町に、お越しの際にはこれらの施設にもぜひお立ち寄りください。

芝山 一口メモ

芝山はにわ祭

芝山町では毎年11月第二週日曜日に「芝山はにわ祭」を開催しています。
今年は11月11日に開催します。

芝山はにわ祭(外部サイトへリンク)は人々が力を合わせ大自然と闘い、肩を寄せ合いながら生活していた古代の儀式を再現し、現代では希薄になってきている「人との繋がり」を再認識することで、古代からのメッセージを未来につなぐイベントとなっております。
また、産業祭や商工まつりなども同日に開催しているのでぜひ足をお運び下さい。

【問合せ先】芝山町はにわ祭実行委員会事務局 0479-77-3918

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。