ホーム > おすすめコース > 週末ぶらり千葉の旅 > 週末ぶらり千葉の旅バックナンバー > vol.21【市川市】「週末ぶらり途中下車してみよう!」コース

ここから本文です。

更新日:2014年9月17日

vol.21【市川市】「週末ぶらり途中下車してみよう!」コース

市川市観光協会 金子さん

今回は市川市観光協会の金子さんがお奨めする「週末ぶらり途中下車してみよう!」コースをご紹介します。
市川っていつも通過するだけの人も多いのでは?
でも、実は駅前だけでも十分満喫できるスポットがたくさん!!
今回は市川駅周辺に絞って、市川の歴史から最新スポットまで体験できるコースを考えました。
今週末は是非ぶらりと市川で途中下車してください!!
右の写真は市川駅前のアイ・リンクタウン展望施設で撮ったんですよ。スカイツリーが見えるのわかりますか?
<コースお問合せ先>
市川市観光協会(市川市役所 観光交流推進課)TEL:047-704-0057

市川市観光協会ホームページ(外部サイトへリンク)

コースマップ

市川市コースマップ(PDF:971KB)

拡大マップへ(PDF:971KB)

コース概要

JR市川駅(北口)→(1)いちかわ観光・物産案内所→(2)里帰りカップ資料館→(3)文学の道→(4)手児奈霊神堂→(5)真間山弘法寺→(6)大門通り→(7)ヤマザキプラザ市川→(8)アイ・リンクタウン展望施設→JR市川駅(南口)
【所要時間:2~3時間】※施設の見学時間にもよります。

大原商店街・八幡岬の画像

(1)いちかわ観光・物産案内所

市川市内の観光情報を全て集めた市川観光の拠点!!散策マップや施設ガイドなどを取りそろえ、最新のイベント情報や季節の花の開花状況なども教えてもらえます。
ここで情報を集めて、さあ出発!!

いちかわ観光・物産案内所ホームページ(外部サイトへリンク)

徒歩 約10分

里帰りカップ資料館の画像

(2)里帰りカップ資料館

江戸時代に日本でコーヒーカップが作られていたって知ってますか?ここ里帰りカップ資料館では、江戸、明治、大正にかけて輸出され、海外の王侯貴族をとりこにした古伊万里や柿右衛門のアンティークカップ、パリ万博で人気を博した精密画の色絵薩摩などを約500点展示しています。当時の職人の技術の高さと情熱が伝わってきますよ。

注意:土曜日、日曜日のみ開館

里帰りカップ資料館ホームページ(外部サイトへリンク)

徒歩 約10分

文学の道(余裕があれば)の画像

(3)文学の道(余裕があれば)

市川市は幸田露伴、永井荷風、水木洋子など、多くの文学者が好んで移り住んだ土地でもあります。そんな市川ゆかりの文学者を紹介した説明板が桜の木の下に15枚立ち並ぶこの道は「文学の道」と呼ばれるようになりました。
週末の文学散歩にぴったり!

徒歩 約15分 ※時間がない方は文学の道を飛ばすと近道です。

手児奈霊神堂の画像

(4)手児奈霊神堂

伝説の美女「手児奈」を祀る霊堂。
万葉の昔、市川には手児奈というとても美しい娘がいました。その美しさは都にまで伝わるほどで、里の若者はもちろん、国府の役人、都からの旅人までが手児奈に結婚を迫りました。そして、手児奈が原因で争いが起きたり、手児奈を思い病に伏せるものも現れました。そのことを思い悩んだ手児奈は海に身を投げてしまうのです。
手児奈の伝説は万葉集で、山部赤人や高橋虫麻呂の歌にも見ることができます。
手児奈は良縁の神様でもありますので、モテモテの手児奈にあやかってお参りしてみてはいかがでしょうか。

手児奈霊神堂ホームページ(外部サイトへリンク)

徒歩 約5分

真間山弘法寺の画像

(5)真間山弘法寺

行基菩薩が「求法寺」として建立し、弘法大師が「弘法寺」と改称したとされるお寺。市川の市街を一望できる高台にあり、その景色は紅葉の名所として、歌川広重の「名所江戸百景」にも画かれています。また小林一茶も「真間寺で斯う拾ひしよ散紅葉」と弘法寺の紅葉を詠んでいます。現在は桜の名所としても知られ、境内には樹齢400年と伝えられる枝垂桜「伏姫桜」が春には見事な花を咲かせます。

真間山弘法寺ホームページ(外部サイトへリンク)

徒歩 約5分

大門通りと真間の継橋の画像

(6)大門通りと真間の継橋

大門通りは、真間山弘法寺へと続く参道。今は喫茶店、お菓子屋さん、お肉屋さんなどが並ぶ、風情のある商店街になってます。沿道の民家の壁には万葉の歌が書かれたパネルが飾られいます。それもそのはず、大門通りの途中にある真間の継橋は奈良、平安、鎌倉時代の前期にかけて多くの有名歌人に詠まれた歴史ある橋なんですよ。

徒歩 約15分

大門通りと真間の継橋の画像

(7)ヤマザキプラザ市川

実は市川は山崎製パンの創業の地。1948年に創業者の飯島藤十郎さんが市川でパンの製造を始め、1952年に市川駅北口に直売店を開業しました。その開業の地で今もパンやお菓子を販売しています。お店の中には焼きたてのパンはもちろん、1日に1,000個売れるという、ここでしか買えないアンコたっぷりの大判焼きが80円で売ってます。また、ここは「ランチパックの聖地」とも呼ばれ、全国のご当地品やコラボ品などの限定品も含め約40種類のランチパックを集めたランチパックコーナーもあります。市川の梨ジャムランチパックもここで買えます。その他にも店内にはおいしそうなものがいっぱい!!お土産を買うもよし、ここで、おやつを買ってアイ・リンクタウン展望施設で景色を眺めながら食べるもよしですよ。

ヤマザキプラザ市川ホームページ(外部サイトへリンク)

徒歩 約5分

市川市アイ・リンクタウン展望施設の画像

(8)市川市アイ・リンクタウン展望施設

市川駅から徒歩1分のところにある展望施設。ガラス張りのエレベーターで45階まで上がれば、まわりに高い建物がないから360度遠くまで見渡せます。天気がよければ、スカイツリーと富士山が一緒に見られますよ。最近は、スカイツリーが東京の高層ビル群と一緒に撮れると、テレビや雑誌の取材も多数。その他、筑波山や房総半島、東京湾も一望。また、夜になれば日本夜景遺産や新日本三大夜景・夜景100選にも選ばれた夜景が楽しめます。
そして、なんと言っても入場料が無料。行かない理由が見つかりませんね。

市川市アイ・リンクタウン展望施設ホームページ(外部サイトへリンク)

さいごに

市川駅周辺は、ラーメン業界では知る人ぞ知るラーメン激戦区。レベルの高いラーメン店がひしめいております。私見ですが、ラーメンを食べる為だけでも途中下車する価値ありかと。今回は市川駅周辺に絞ってご紹介しましたが、下総中山駅には重要文化財がたくさんの法華経寺やオシャレな美術館東山魁夷記念館があるし、行徳駅周辺は、由緒ある寺町とエスニック料理やトンカツの名店など新旧いろいろな魅力を楽しめます。大町駅からは都心から20km圏内とは思えないほどの自然が溢れ、夏にはホタルが舞います。まだまだ魅力いっぱいの市川へ是非お立ち寄りください。

市川 一口メモ

市川のなし

市川は梨の産地だというのはご存知でしょうか?生産量、生産額は全国でもトップクラス。
北部には梨の直売所が並びます。平成19年8月に特許庁より「地域団体商標登録(地域ブランド)」の認証を受けた『市川の梨』は、甘くてジューシー!!一度食べれば病み付きです。
8月~9月にかけて梨狩りもできるので、是非一度食べに来てください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。