ホーム > おすすめコース > 週末ぶらり千葉の旅 > 週末ぶらり千葉の旅バックナンバー > vol.28【市原市】「ほのぼの可愛いローカル線、小湊鉄道沿線お花見サイクリング」コース

ここから本文です。

更新日:2014年9月17日

vol.28【市原市】「ほのぼの可愛いローカル線、小湊鉄道沿線お花見サイクリング」コース

市原市観光協会 観光PR大使 五木さん

今回は、市原市観光協会の阿部茂之さんがお奨めする「ほのぼの可愛いローカル線、小湊鉄道沿線お花見サイクリング」コースをご紹介します。
ドラマやCMなどのロケなどに良く利用される、市原市の宝「小湊鉄道」。沿線には、桜の名所が多く、市民の手で育てた菜の花がたくさん咲いていて、ほのぼのと和ませてくれます。レンタサイクルで足を伸ばして、ぽかぽかの春を感じてください。4月27日には圏央道が開通し、市原鶴舞インターチェンジができて、市原市への観光が、ますます便利になります。
<コースお問合せ先>
市原市観光協会:0436-22-8355

市原市観光協会ホームページ(外部サイトへリンク)

コースマップ

市原市観光協会おすすめ!
小湊鉄道沿線菜の花マップ

小湊鉄道沿線菜の花マップ(PDF:668KB)

拡大マップへ(PDF:668KB)

市原市観光協会おすすめ!
いちはら桜マップ

いちはら桜マップ(PDF:805KB)

拡大マップへ(PDF:805KB)

コース概要

【鉄道】(1)五井駅~高滝駅
【100円チャリ】高滝駅~加茂橋(桜)⇒(2)市原ぞうの国(桜)⇒(3)与一郎桜(桜)⇒(4)里見駅(菜の花)~飯給駅(桜・菜の花)~月崎駅(桜・菜の花)
【鉄道】月崎駅~養老渓谷駅
【養老渓谷駅前観光案内所レンタサイクル】養老渓谷駅⇒(5)石神の菜の花畑⇒(6)美人の湯 黒湯の養老渓谷温泉

小湊鉄道(JR五井駅~高滝駅)の画像

(1)小湊鉄道(JR五井駅~高滝駅)

市原市には、菜の花や桜のお花見スポットがたくさんあります。
今回は、おすすめの春の観光を紹介します。
市原市といったら小湊鉄道。レトロな駅舎や、車窓から覗くのどかな田園や山々に囲まれた四季折々の風景が素敵で、可愛らしい列車です。

列車 約41分

100円チャリ

100円チャリ

鉄道沿線のスポットを巡るには、高滝・里見・月崎駅に置いてある無人のレンタイクル「100円チャリ」が便利です。

自転車 約10分

市原ぞうの国の画像

(2)市原ぞうの国

高滝駅から、赤い加茂橋の両側に咲く桜を楽しみながら、夢が叶う動物園「市原ぞうの国」へ。動物大好きな私にとって、本当に夢の国です。ぞうさんがダンスやサッカーなどを披露してくれるぞうさんショーの広場の周りには、桜の木がいっぱいあって、ぞうさんとお花見ができます。

自転車 約15分

与一郎桜(桜)の画像

(3)与一郎桜(桜)

与一郎さんという方の個人のお宅の一本桜が人気です。開花時には、ご厚意で、見学の開放をしてくれます。個人宅なので、マナーに注意してください。

自転車 約40分

里見駅~月崎駅の画像

(4)里見駅~月崎駅

駅舎周辺を中心に、桜と菜の花の見所が続きます。千葉県でも屈指の人気撮影スポットで、週末カメラマンがたくさん来ています。
月崎駅からは、ふたたび「小湊鉄道」で養老渓谷へ。

列車 約10分 自転車 約5分

石神の菜の花畑の画像

(5)石神の菜の花畑

養老渓谷駅についたら、今度は「養老渓谷駅前観光案内所」でレンタサイクルを借りて、石神地区へ。小茶自動車さんの裏手から、山間を望めば、広大な菜の花畑が広がります。

自転車 約20分

美人の湯 養老渓谷温泉の画像

(6)美人の湯 養老渓谷温泉

たくさんお花見サイクリングを楽しんだ後は、温泉でポカポカに。養老渓谷温泉は、黒湯の温泉が多く、この黒湯は、肌がツルツルになる美人の湯として知られています。

さいごに

圏央道が開通するので、お花見の季節の後の新緑巡りには、市原鶴舞インターチェンジから、(1)のスポットまで、お車でのお越しもお奨めです。今回は、広い市原市の南部の小湊鉄道沿線お花見スポットの紹介でしたが、他にも市原市には、たくさんのお花見スポットがあります。北部から、「ちはら台かずさの道」「市原緑地運動公園」「かずさ更級川で舟からお花見」「山倉ダムと千葉こどもの国キッズダム桜まつり」「市原市農業センター」「鶴舞公園花まつり」など。
市原市に来て、素敵な場所と人との出会いをしてください。

市原市 一口メモ

市原市は、古代上総国の国府が置かれ、国内最大級の国分寺跡・尼寺跡があったり、重要文化財や遺跡の数も多く、考古学界ではトップクラスの歴史ある市です。新しい文化を取り入れる柔軟さもあり、歴史に根ざしたうえで、若者を中心に市民が練り踊り・よさこい・ストリートダンスなど、参加し自由に表現できる「上総いちはら国府祭り」を開催し好評を博しています。平成25年度には市制50周年を迎え、様々な記念行事が予定されますが、最大の注目は、アートイベント「いちはらアート×ミックス(外部サイトへリンク)」です。内容は、近日中に発表される予定ですので、ご期待ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。