ホーム > おすすめコース > 週末ぶらり千葉の旅 > 週末ぶらり千葉の旅バックナンバー > vol.12【銚子市】「スイーツ・おやつ巡り」コース

ここから本文です。

更新日:2014年9月17日

vol.12【銚子市】「スイーツ・おやつ巡り」コース

銚子市観光プロデューサー向後さん

銚子市の観光プロデューサー向後さんが紹介する、おすすめスイーツ・おやつ巡りコースをご紹介します。
【今回のコースのポイント】
銚子のスイーツや、おやつを食べ歩きます。
<コースお問合せ先>

銚子市観光協会:0479-22-1544(外部サイトへリンク)

コースマップ

松戸市コースマップ(PDF:999KB)

拡大マップへ(PDF:999KB)

コース概要

JR銚子駅→(1)龍泉堂(最中)→(2)ル・ノア→(3)徳屋(サカナサブレ)→(4)藤村ベーカリー(あんパン)→(5)嘉平屋(カレーボール)→(6)佐野屋(今川焼)→(7)銚子電鉄観音駅(たいやき)→(8)銚子電鉄観音駅よりJR銚子駅(終了)

[所要時間:2時間]

JR銚子駅から徒歩 約5分(レンタサイクルなど)

龍泉堂

(1)龍泉堂

龍泉堂は、最中専門店として、日本古来の伝統を生かしながら近代化された設備と熟達した新技術、吟選された諸原料によりお作りしています。各種のすべてを店で吟味製造し、その味や値段などご満足いただける品として絶えず精進している店です。

龍泉堂のホームページ(外部サイトへリンク)

徒歩 約5分(レンタサイクルなど)

パティスリーRUNOWA

(2)パティスリーRUNOWA

パティスリーRUNOWAは、1992年にオープンして以来、四季の菓子作りをテーマに商品を作っています。スペイン・サンロケクラブのスイーツ選考会にて、第1位の栄誉を受けたオーナーパティシエ渡辺氏が作りだす、数々のスイーツ、豊富な経験に裏付けされた極上の風味と、渡辺氏ならではの感性に繊細な技術をプラスすることで「ル・ノワ」ならではの世界観溢れるスイーツが完成します。

パティスリーRUNOWAのホームページ(外部サイトへリンク)

徒歩 約10分(レンタサイクルなど)

徳屋本店

(3)徳屋本店

魚の街「銚子」にモダンな洋菓子のお店としてオープンした徳屋本店です。
魚の形をしたユニークな「サカナサブレー」は発売当時から人気で、銚子の銘菓として知られています。他のお店のサブレとは、チーズの香りと濃厚な味が全く違うのが特徴です。

徳屋本店のホームページ(外部サイトへリンク)

徒歩 約10分(レンタサイクルなど)

藤村ベーカリー

(4)藤村ベーカリー

あんパンと言えば『藤村』、『藤村』と言えばあんパン。
銚子ではすっかりお馴染みの藤村ベーカリー。
銚子銀座通りにお店を構えて約80年(創業は昭和初期)になります。
藤村さんのこだわりは、食品添加物、保存料、脱配素を使わずに昔ながらの手作りを続けている点です。

藤村ベーカリーのホームページ(外部サイトへリンク)

徒歩 約10分(レンタサイクルなど)

嘉平屋

(5)嘉平屋

嘉平屋は磯あげやはんぺん、かまぼこなど練り製品を扱う老舗です。魚のうま味がよく出た品々は、色々な料理で活躍します。イチオシはカレーボール。絶妙なカレーの味付けでご飯もすすみます。

嘉平屋のホームページ(外部サイトへリンク)

徒歩 約10分(レンタサイクルなど)

さのや

(6)さのや

『今川焼き』

銚子飯沼観音裏口の坂を下るとプーンと甘く香ばしい匂い。
今川焼きで有名なさのやは懐かしい昭和を感じさせる佇まい。
店内には子供の頃使った懐かしいテーブルと椅子があり、年配のお客様が楽しそうにおしゃべりをしながら今川焼きを食べています。
お店の方は皆さん明るく、心和む雰囲気なので、お客様の憩いの場にもなっているようです。
忙しく時間が過ぎ去る今を忘れさせてくれるような空間が、ここにはあります。

徒歩 約10分(レンタサイクルなど)

観音駅

(7)銚子電鉄観音駅

観音駅は、たい焼き屋さんがあることで有名。このたい焼き屋さんは昭和51年から営業しており、今ではすっかり、ぬれ煎餅に次ぐ銚子電鉄名物となっています。駅舎はスイス調で、平成3年に建て替えられたもので、待合室の部分は可愛い三角屋根になっています。

銚子電鉄観音駅~JR銚子駅 約10分(レンタサイクルなど)

JR銚子駅

(8)JR銚子駅

銚子市観光アテンダント(外部サイトへリンク)は、銚子電鉄や、岬めぐりシャトルバスに乗車し、銚子のみどころ、食べどころの情報提供をしています。また、ブログなどで銚子の情報発信も積極的に行っております。

さいごに

今回は、銚子のスイーツやおやつを中心にご案内いしました。銚子には、自然や新鮮な魚貝類など、美味しいもの、絶景などがあります。また、12月4日(日曜日)から生まぐろまつり(外部サイトへリンク)が始まり、町を活気づけます。そのほかにも、銚子市観光アテンダントが、お客様を温かくお迎えします。是非「食の王国」銚子に遊びに来てください。

銚子 一口メモ

12月31日~1月1日にかけて、年越しイベント「銚子の元気つたえ隊特別事業」、「ドリームロード2012」が開催され、このイベントでは、銚子ブイヤベースの販売や、カウントダウンライブ、光のページェント、日の出横丁(飲食店ブース)など様々なイベントが行われます。また、銚子は、山頂、離島を除き日本で一番早く初日の出拝むことができます。あなたも新年を銚子で迎えませんか。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。