ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

常与寺

常与寺は、嘉暦元年(1326年)に松本坊日念上人により開山したといわれています。市の中心地にあります。現在の千葉大学文学部の発祥の地ともいわれ明治5年9月(1872年)に教育養成機関として「印旛官員立舎」が置かれました。翌年千葉市に移転の後に千葉師範学校と改称されました。境内には流山市指定文化財として紙本著色日蓮上人像と高さ4.1mのイチョウの樹木があります。

基本情報

所在地

千葉県 流山市 流山2-130-1

定休日/休業日

無休

施設オプション

トイレ設備あり

寺は梅本山常与寺と呼ばれます。常与寺の境内には、市立流山小学校(明治5年(1882年)迄)がありました。周辺には、閻魔堂、近藤勇陣屋跡、浅間神社などがあります。

交通アクセス

電車で行く

流鉄流山駅から徒歩3分

その他の情報

お問い合わせ

名称

常与寺

電話番号

04-7158-0773

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する