ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

清瀧院

清瀧院は、戦国時代に53ケ所の末寺を有した真言宗宗豊派の寺院です。本尊は不動明王です。小金牧牧士頭を勤めた綿貫家の墓所として知られております。境内には、流山七福神めぐりの「寿老人」を安置してあります。また、幹廻り1.5m、高さ約10m、樹齢約400年以上といわれる「しだれ桜」があります。しだれ桜は、日当りの良い境内に、そびえ立ちその姿は絵のような美しさを見せてくれます。桜は、流山市の文化財に指定されています。近隣にも類を見ない大きさであり、開花期にはライトアップされ幻想的ですばらしいです。

基本情報

施設名

清瀧院

所在地

千葉県 流山市 名都借1024-1

定休日/休業日

無休

駐車場

あり  

施設オプション

トイレ設備あり

寺は荒井山清瀧院と呼ばれます。周辺には、香取神社、広寿寺、前ヶ崎城跡などがあります。

交通アクセス

バスで行く

JR南柏駅から流山ぐりーんバスに乗車名都借交差点下車徒歩5分

その他の情報

お問い合わせ

名称

清瀧院

電話番号

04-7144-7904

ホームページ

清瀧院(外部サイトへリンク)

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する