ホーム > 観光情報検索 > 南房総市/真野寺 紫陽花が美しい

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

南房総市/真野寺 紫陽花が美しい

みなみぼうそうし/まのでら あじさいがうつくしい

725年、聖武天皇時代に行基(ぎょうき)菩薩(ぼさつ)によって開山されました。
大黒天像が安置されていることから「真野大黒」とも称されています。
千葉県南房総で古くから親しまれている真野寺。
境内に3,000株の紫陽花や200本の桜・ミモザ・エリカ・ツツジ・サツキなどが植栽され、花の寺としても知られています。

本尊は覆面千手観音。
日本で唯一の覆面観音として有名です。
その他、30体ほどの仏像が毎年11月23日に特別公開されます。

大黒天がご出現になったと伝えられる2月6日には、大黒天福祭りが催され、0時、8時~16時に護摩祈祷が行われます。

おすすめポイント

大黒天がご出現になったと伝えられる2月6日には、大黒天福祭りが催され、8時~16時に護摩祈祷が行われます。

基本情報

施設名

真野寺

所在地

〒299-2524 千葉県 南房総市 久保587

営業時間

4月~9月(8時~17時)
10月~3月(8時~16時半)

定休日/休業日

無休

駐車場

あり   【普通車台数】50台  【大型車台数】5台 

無料

施設オプション

トイレ設備あり

交通アクセス

車で行く

富津館山自動車道 富浦ICから約25分

電車で行く

JR内房線南三原駅から館山行きバス「大井火の見下」下車、徒歩約25分

その他

高速バスで東京から館山まで約2時間

その他の情報

眺望・景観

展望スポット・展望フロアがある

新四国お砂踏霊場の先に真野字寺境内全体を見渡せる展望フロアがある。3~4月は桜、6~7月はあじさい・山ユリが美しいです。

文化財

県指定文化財

本造千手観音立像(覆面観音)、木造二十八部衆立像、木造風神雷神立像、木造大黒天立像が千葉県文化財に指定され、11月23日に特別公開されます。

見ごろ・シーズン

3月、4月、6月、7月

【さくら】3月下旬~4月中旬
【あじさい】6月下旬

お問い合わせ

名称(ひらがな)

高倉山 真野寺(たかくらさんまのじ)

電話番号

0470(46)2590

この情報は2022年5月31日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する