ホーム > 観光情報検索 > 岩井神社

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

岩井神社

岩井神社は、「通称・天王様」と呼ばれ地域の人々に親しまれています。祭神は、素盞鳴尊、大己貴命、少彦名神を祀っています。敷地532坪の境内には、本殿(銅板葺流造)、幣殿(銅板葺入母屋造)、拝殿(銅板葺入母屋造)、社務所(亜鉛板葺)が建ち並びます。境内の神社として金刀比羅宮・若宮八幡宮が祀られています。社はむかし磐井郷社牛頭天王八雲大社といわれました。治安3年(1023年)6月に磐井郷の総社としてここに勧請されました。明治9年(1876年)に村社に、昭和53年(1978年)6月に千葉県規範神社となりました。

基本情報

所在地

千葉県 南房総市 高崎905

定休日/休業日

無休

駐車場

あり  

施設オプション

トイレ設備あり

鎌倉将軍・源頼朝が石橋山にて敗れ、伊豆浦から白浜へ渡海しました。残兵を集めて、岩井神社に籠りました。祈願して帰陣の後、境内の社頭に八幡宮社を造営(若宮八幡宮)し、多くの寄進をしました。

交通アクセス

電車で行く

JR内房線岩井駅から徒歩20分

その他の情報

お問い合わせ

名称

南房総市教育委員会

電話番号

0470-46-2963

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する