ホーム > 観光情報検索 > 白浜の海女

ここから本文です。

白浜の海女

しらはまのあま

白浜の海女は、多くが農業との兼業で現在60才~70才代の海女(海士)約250人が活躍しています。
5月1日~9月10日の解禁日には海に潜り、サザエ・アワビ・伊勢えび・天草などを採ります。漁具はまげ樽(醤油樽のような形で直径30cm、深さ25cmの浮樽で下部に15~20cmの錨網といわれる5mmの丸のロープをつけてある)に、すかし(獲物を入れる網袋)をつけ使用します。1日の出漁時間は春には1時間~1時間30分位、夏には2時間~3時間位です。潜水は体力により異なりますが、大体1回1分~1分30秒ぐらいです。

基本情報

施設名

南房総市白浜町

所在地

千葉県 南房総市 白浜町

海に潜る時期は、5月~9月です。海女まつり(7月)には、松明を持つ70人の海女の遊泳、花火大会、子供たちのまつりばやし、白浜音頭の総踊りなどが行われます。

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

南房総市観光協会(みなみぼうそうしかんこうきょうかい)

電話番号

0470-28-5307

ホームページ

南房総市観光協会(外部サイトへリンク)

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。