ホーム > 観光情報検索 > 浅間神社の極相林

ここから本文です。

浅間神社の極相林

せんげんじんじゃのきょくそうりん

極相林は、標高28mの独立山丘の山頂部の浅間神社にあります。信仰の山として長い間保護されてきました。森林が形成されるまでには、その内部で、日照・気温・湿度などの自然環境に適応できない樹木の淘汰がすすみ、やがて生育に適した植物のみが層位(高木、亜高木、低木、草本)ごとに定着して、極相林と呼ばれる長期的に安定した森林を形成します。浅間神社の神域一帯はヤブニッケイがほぼ全域に高木として繁茂しており、タブノキ、ツバキ、ムクノキ等の原生林が残っています。

基本情報

施設名

浅間神社の極相林

所在地

千葉県 松戸市 小山664-1

交通アクセス

バスで行く

JR常磐線松戸駅西口から京成バス市川駅行き「二中前」下車徒歩5分

その他の情報

文化財

県指定史跡・旧跡・名勝

お問い合わせ

名称(ひらがな)

松戸市文化観光課(まつどしぶんかかんこうか)

電話番号

047-366-7327

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。