ホーム > 観光情報検索 > 長慶寺 本堂

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

長慶寺 本堂

長慶寺の本堂は、寛永7年(1630年)の創建以来たびたび修正されています。建築の根幹となる36本の円柱は健在で、紀州産うばめ樫を使っているところから通称樫寺で知られています。江戸初期の遺構として貴重なものです。市内で最も古い建築物といわれています。勝浦市の有形文化財に指定されました。

基本情報

施設名

長慶寺

所在地

千葉県 勝浦市 新戸663

交通アクセス

車で行く

館山自動車道、市原インターから国道297号線経由、南下して約70分、圏央道市原鶴舞インターから国道297号線経由約40分

バスで行く

R外房線勝浦駅から小湊バス松野行き「新田」下車徒歩10分

その他の情報

お問い合わせ

名称

勝浦市社会教育課

電話番号

0470-73-6665

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する