ホーム > 観光情報検索 > 坂東太郎のみち

ここから本文です。

坂東太郎のみち

関東ふれあいの道で、千葉県のコース番号1番の道です。コースは水郷大橋-利根川堤-神崎大橋-神崎の森・神埼神社-下総神崎駅の間、11.3kmです。踏破所要時間は3時間20分で気軽に踏破できるコースです。水郷大橋から利根川堤防を上流に向って進むと対岸に筑波山を左に北総の田園地帯が眺められます。さらに進むと県指定天然記念物の神崎の森に入ります。この森の中に神崎神社があります。そのかたわらにそびえる大クスは「なんじゃもんじゃの木」と名付けられた国指定記念物です。

基本情報

施設名

関東ふれあいの道

所在地

千葉県 香取郡神崎町 利根川堤

施設オプション

トイレ設備あり

関東ふれあいの道(千葉県)は、香取市(佐原)の水郷大橋で茨城県から引き継ぎます。史跡と文化財の多い北総、中央地帯、そして太平洋の荒波寄せる外房の海岸線を通ります。房総丘陵の自然林、人工林を通って東京湾に達する延長約270km、28コースが設定されております。

交通アクセス

電車で行く

JR成田線下総神崎駅から徒歩30分

その他の情報

お問い合わせ

名称

神崎町まちづくり課管理用地係

電話番号

0478-72-2114

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。