ホーム > 観光情報検索 > 上総獅子頭(長谷川照昭)

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

上総獅子頭(長谷川照昭)

かずさししがしら(はせがわてるあき)

上総獅子頭は、桐を素材に漆を塗って作ります。九十九里地方に広く伝わる「上総獅子頭」は下歯が上歯の内側に入る点に特徴があります。長谷川照昭さんは大正時代に跡絶えた上総獅子頭を自らの研究と工夫により復活したといわれています。千葉県指定伝統的工芸品に選定されています。

基本情報

施設名

長谷川照昭

所在地

〒289-1325 千葉県 山武市 島638-1

駐車場

あり   【普通車台数】20台 

無料

周辺には、伊藤左千夫の生家、歴史民俗資料館など歴史的なスポットが多く見られます。

交通アクセス

車で行く

圏央道 山武成東ICから10分(6km)

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

上総獅子頭(長谷川照昭)(かずさししがしら(はせがわてるあき))

電話番号

0475-82-1428

この情報は2015年4月8日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する