ここから本文です。

里見窯

さとみがま

手造り焼き物は、陶産の伝統がなかった南房総に昭和41年(1966年)に石井豊氏が開窯しました。南総里見八犬伝で有名な戦国大名里見氏に因んで里見窯と名付けて作陶が続けられています。手作りの焼き物で草木の灰を用いたような風情が感じられます。花器や湯呑、ぐい呑などの製品も作られています。

基本情報

施設名

安房の圀の陶 里見窯

所在地

千葉県 館山市 正木562-7

手頃なものから、貴重なものまで製品を取り揃えています。

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

石井純(いしいじゅん)

電話番号

0470-27-3087

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。