ホーム > 観光情報検索 > 富津市/竹岡の燈籠坂大師の切通しトンネル

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

富津市/竹岡の燈籠坂大師の切通しトンネル

ふっつし/たけおかのとうろうざかだいしのきりとおしとんねる

燈籠坂大師は弘法大師が行脚中にそこで腰を休めたという口碑をもつ、東善寺(富津市竹岡)の飛地境内地です。切通しトンネルは、燈籠坂大師堂へと続く参道となっています。
 住職の話によると、手掘りの切り通しトンネルは城山(造海城=つくろみじょう)の尾根の関係で上り下りが急であったため、明治から大正と思われる頃に掘られたとされています。その後、昭和初期に地元住民により、鋸山の石切の技法を用いて切下げ工事を行い、現在の形になったとのことです。

 切通した部分と、トンネルの部分を合わせると100メートルほどあり、高さは約10メートルとなっています。夏にはさわやかな涼風が吹き抜ける隠れた名所です

おすすめポイント

ちょうど、太陽が差し込む時間帯に写真撮影するのがおすすめ!

基本情報

施設名

切通しトンネル

所在地

千葉県 富津市 萩生8-2

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

富津市観光協会(ふっつしかんこうきょうかい)

電話番号

0439(80)1291

FAX番号

0439(80)1350

メールアドレス

mail@futtsu-kanko.info

ホームページ

富津市観光協会ホームページ(外部サイトへリンク)

この情報は2021年3月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する