ホーム > イベント > 春・GWの企画展「ポップアップ・ミュージアム~しかけ絵本の世界~」/千葉市科学館

ここから本文です。

春・GWの企画展「ポップアップ・ミュージアム~しかけ絵本の世界~」/千葉市科学館

はる・ごーるでんうぃーくのきかくてん「ぽっぷあっぷ・みゅーじあむ~しかけえほんのせかい~」/ちばしかがくかん

とびだす、引っ張ると動くなど、様々な細工が施されている『しかけ絵本』は、子どもから大人まで、見る人をわくわくさせてくれます。本展ではとびだす絵本を中心に、実際に絵本に触れるコーナーや、ARを利用した絵本のコーナー、ワークショップなどを体験することができます。
親子で楽しみながら、しかけ絵本の仕組みについて発見をしましょう。

春・GWの企画展「ポップアップ・ミュージアム~しかけ絵本の世界~」/千葉市科学館の開催期間

2021年3月20日~4月5日

2021年4月17日~5月16日

基本情報

イベント内容

会期中休館日:5月6日(木曜日)

【クッキーカウント】
作者:ロバート・サブダ 発売年(制作年):2005年
解説:色とりどりの、かわいいねずみ達とさまざまなクッキーが飛び出してくる、ロバート・サブダによるしかけ絵本です。
キラキラした鮮やかな色彩や、あっと驚く大胆なしかけに目を奪われます。
思わず「どうなってるの?!」と思うような、見事なお菓子のお家まで飛び出す大人も楽しめるしかけ絵本です。

【絶滅した獣たち メガビースト (エンサイクロペディア太古の世界)】
作者:ロバート・サブダ、マシュー・ラインハート 発売年(制作年):2007年
解説:ロバート・サブダとマシュー・ラインハートがコラボしたしかけ絵本です。
氷河期の英雄マンモスなど哺乳動物を主に35点の絶滅した生物たちを高度なしかけの技術で表現しています。恐竜時代の後、捕食動物のトップの座に君臨した哺乳動物たち。鋭い牙や爪を持つ、迫力のある獣たちが、生き生きと蘇ってくるようです。

開催場所

千葉市科学館 7階 企画展示室
千葉県 千葉市 中央区中央4-5-1 きぼーる内

駐車場

あり  

施設オプション

トイレ設備あり

料金:大人700円、高校生450円、小・中学生250円
※常設展示もご覧いただけます ※未就学児は無料(保護者同伴)

交通アクセス

電車で行く

京成千葉中央駅より430m(徒歩6分)

バスで行く

JR千葉駅東口1・7・10のりばから「中央三丁目」下車

その他

千葉都市モノレール葭川公園(よしかわこうえん)駅から徒歩4分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

千葉市科学館(ちばしかがくかん)

電話番号

043-308-0511

FAX番号

043(308)0520

ホームページ

千葉市科学館(外部サイトへリンク)

この情報は2021年2月22日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する