• おもてなしトイレ
  • 旅の便利情報
  • 法人・団体向け

詳細検索

旅の計画を作って伝える マイ旅プラン

ここから本文です。

ホーム > 観光情報検索 > 多古町/しいかご舞

多古町/しいかご舞

多古のしいかご舞は、八坂神社の祇園祭に町の中心になる本町、仲町、新町の三町の人々により宵宮と本祭りの夜に2回演じられます。神社の前に二間四面の特設舞台が作られ、南側の中央に高さ12mのツグメといわれる丸柱が立てられます。舞は、囃子方の笛の演奏にはじまり三町から各1名が参加する獅子3、鹿3、マンジュウ3と年番の町から猿1が参加し演じます。舞は、手を上下させる簡単なもので最後に猿が破魔の弓矢をもってツグメに登ります。

施設名

県指定無文

所在地

千葉県 香取郡多古町 香取郡多古町多古2696八坂神社

交通アクセス

電車で行く

八坂神社へは、JR成田線成田駅からバス三里塚又は八日市場行き「多古新町」下車徒歩3分

お問合せ先

名称(ひらがな)

多古町産業経済課

電話番号

0479-76-5404

この情報は2020年11月16日現在の情報となります。