• おもてなしトイレ
  • 旅の便利情報
  • 法人・団体向け

詳細検索

旅の計画を作って伝える マイ旅プラン

ここから本文です。

ホーム > 観光情報検索 > 船橋市/船橋大神宮のけんか相撲

船橋市/船橋大神宮のけんか相撲

船橋大神宮のけんか相撲は、約400年前に徳川家康が船橋に滞在した折、慰めに子供相撲を献上したのが始まりです。徳川家康の船橋御殿が廃止された後も広大な地所を与えられた船橋大神宮の祭礼には欠かせない行事となりました。特に江戸時代には見物人のエキサイトぶりから「船橋のけんか相撲」の名が生まれました。関東でも指折りの草相撲大会として知られています。大人相撲(10月20日の例祭の日)と子供相撲が行われます。

おすすめポイント

古来より、十二座の神楽が伝承され年間に数回奉納されます。境内には、有名な灯明台があるように砂地からは貝殻片も現れます。周辺には、船橋競馬場、船橋オートレース場、谷津バラ園などがあります。写真提供:船橋市

施設名

船橋大神宮

所在地

千葉県 船橋市 宮本5-2-1

駐車場

あり

施設オプション

トイレ設備あり

交通アクセス

電車で行く

京成電鉄大神宮下駅から徒歩3分/JR総武線船橋駅南口から徒歩12分

お問合せ先

名称(ひらがな)

船橋大神宮

電話番号

047-424-2333

この情報は2020年11月16日現在の情報となります。