ホーム > イベント > 南房総市/秋の例大祭・庖丁式奉納(旧神嘗祭(かんなめさい))

ここから本文です。

南房総市/秋の例大祭・庖丁式奉納(旧神嘗祭(かんなめさい))

たかべじんじゃほうちょうしき

日本で唯一、料理の祖神をまつる高家神社は、千倉町谷津地区の海を見下ろす山裾に鎮座しています。
古くから味噌、醤油の神様としても全国にその名を知られ、調理師、調味加工業者の信仰を集めてきました。
庖丁式は、烏帽子・直垂をまとい、庖丁とまな箸を用いていっさい手をふれることなく、真鯛・鯉・真魚鰹などを調理します。
古式に則った所作とその庖丁さばきは、まさに熟練の技。日本料理の伝統を今に伝える厳粛な儀式です。
5月17日の春の例大祭、10月17日の秋の例大祭、11月23日の新穀感謝祭の時に行われます。

南房総市/秋の例大祭・庖丁式奉納(旧神嘗祭(かんなめさい))の開催期間

2019年5月17日 /11時ごろ~

2019年10月17日 /11時ごろ~

2019年11月23日 /11時ごろ~

基本情報

開催場所

高家神社
千葉県 南房総市 千倉町南朝夷164

施設オプション

トイレ設備あり

交通アクセス

車で行く

富津館山自動車道「富浦IC」から約17キロメートル、車で約30分

バスで行く

JR内房線「千倉駅」から日東バス白浜方面行き「高家神社入口」下車、徒歩10分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

高家神社社務所(たかべじんじゃしゃむしょ)

電話番号

0470(44)5625

この情報は2019年9月30日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する