ホーム > イベント > 鴨川市/吉保八幡神社の流鏑馬

ここから本文です。

鴨川市/吉保八幡神社の流鏑馬

かもがわし/きっぽうはちまんじんじゃのやぶさめ

疾走する馬上から的を目がけて矢を放ち、翌年の稲作の豊凶適種を占う吉保八幡神社の祭礼神事で、県の無形民俗文化財に指定されています。

この流鏑馬は、鎌倉時代までさかのぼるとも、安房国の国主・里見家が領民に武芸を広めようとして行われたものが始まりだとも言われています。

的は、早稲・中稲・晩稲の稲の品種を意味し、長さ約5mの竹の先に取り付けられた1m四方の板で、直線約200mの馬場に3か所置かれます。

「称宣」と呼ばれる射手が合計9本の矢を放ち、その矢の当たり具合から豊作・凶作・適種を占います。

鴨川市/吉保八幡神社の流鏑馬の開催期間

2019年9月29日 /15時00分頃~

基本情報

イベント内容

毎年9月の最終日曜日

開催場所

吉保八幡神社(きっぽうはちまんじんじゃ)
〒296-0111 千葉県 鴨川市 仲253

交通アクセス

車で行く

<東京・横浜方面>
東京湾アクアライン→館山自動車道「鋸南保田IC」→県道34号線(長狭街道)→「長狭中学校交差点」付近(鋸南保田ICから約25分)

バスで行く

JR外房線鴨川駅から鴨川日東バス「吉保」下車

その他の情報

文化財

県指定文化財

お問い合わせ

名称(ひらがな)

鴨川市郷土資料館(かもがわしきょうどしりょうかん)

電話番号

04(7093)3800

この情報は2019年9月2日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する