• おもてなしトイレ
  • 旅の便利情報
  • 法人・団体向け

詳細検索

旅の計画を作って伝える マイ旅プラン

ここから本文です。

更新日:2021年3月30日

市立市川考古博物館

市立市川考古博物館は、昭和47年(1972年)に開館しました。堀之内貝塚、曽谷貝塚、下総国分寺などの市内遺跡から出土した原始・古代の文化財を中心に収集・展示しています。前室では「環境の変化」、第1室では「最初の住民」(先土器時代)、第2室では「貝塚の形式」(縄文時代)、第3室では「稲作文化の伝来」(弥生時代)、第4室では「古墳の出現」(古墳時代)、第5室では「律令の社会」(奈良・平安時代)というように部屋ごとにテーマを決め、わかりやすく展示しています。

郵便番号|〒272-0837
所在地|千葉県市川市堀之内2丁目26-1
TEL|047-373-2202
営業時間|9:00~16:30
休館日|月曜日、年末年始(12月28日から1月4日)月曜が国民の祝日の場合は開館し、火曜が休館
入場料金|無料
障害者の受入実績|有

最寄り駅|北総鉄道 北国分駅
最寄駅からの主な交通手段|徒歩10分
一般駐車場|有 (30台・歴史博物館と共用)

基本的な対策|https://www.city.ichikawa.lg.jp/edu14/1111000001.html
利用時の制約|事前検温・マスク着用・手指消毒
その他配意事項|団体利用の人数制限、館内の定期的な消毒

施設のウェブサイトをみる

「バリアフリー対応」は各施設の対応状況を掲載しております。

駐車場

障害者用駐車場(優先駐車スペース)

優先スペース

小型:1台 幅286cm+乗り幅16cm

障害者用駐車場(優先駐車スペース)

駐車場

駐車場

出入口

駐車場から入口まで

出入口

駐車場から入口まで段差なし 入口にスロープ有り

扉(入場口)の幅

出入口

片側81cm

扉の形態

手動ドア

施設内の状況

施設内の状況1

施設内

館内はフラット

施設内の状況2

施設内

展示室

トイレ

多目的トイレ(車いす利用可能トイレ)1 特徴

多目的トイレ

1F

多目的トイレ(車いす利用可能トイレ)1 扉の形態

手動引き戸(ストッパー有り) 幅90cm

多目的トイレ(車いす利用可能トイレ)1 手すりの位置

右側L型の固定型、左側スライド式

多目的トイレ(車いす利用可能トイレ)1 車いすが内部で回転可能

内部回転可能

エレベーター

エレベーター

エレベーター

幅86cm 回転不可

その他バリアフリー対応の状況