ホーム > 観光情報検索 > 利根運河

ここから本文です。

利根運河

利根運河は、江戸時代、銚子から江戸を目指す船は利根川をさかのぼり、分岐する関宿経由で江戸に入りました。日数がかかり中洲が多く航行しにくく近道ができたらという思いで結集されたのが運河です。明治23年(1890年)に、オランダ人の技師ムルデルの設計・監督により明治21年(1888年)に着工し、明治23年(1890年)に完成まで2年間で延べ200万人以上の人が作業にあたりました。利根川と江戸川を結ぶ約8.5kmの内陸運河です。

基本情報

所在地

千葉県 流山市 西深井・東深井地先

定休日/休業日

無休

施設オプション

トイレ設備あり

運河周辺は「運河水辺公園」として整備されています。利根運河の碑(利根運河に架かる運河橋の近く)、ムルデルの碑、西深井散策の森、不動坊、利根運河サイクリングコースなどがあります。利根運河から江戸川にかけて、サイクリングコースもあります。流山市民のリクリエーションの場として、多くの人に利用されています。

交通アクセス

電車で行く

東武野田線運河駅から徒歩3分

その他の情報

お問い合わせ

名称

流山市商工課

電話番号

04-7150-6085

ホームページ

流山市観光協会(外部サイトへリンク)

この情報は2017年10月12日現在の情報となります。