ホーム > 観光情報検索 > 戸定が丘歴史公園

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

戸定が丘歴史公園

とじょうがおかれきしこうえん

徳川慶喜の弟である昭武が晩年を過ごし、慶喜もよく訪れたという戸定邸(国指定重要文化財)は、戸定が丘歴史公園の敷地内にあり、歴史館も併設されています。公園は日本の歴史公園100選に選ばれています。公園の奥は、隠れた梅の名所となっており、手入れの行き届いた公園に紅白の梅の古木が咲く様は、大変趣があります。
また、公園内には枝垂れ桜の大木があり、春先には美しく咲き誇り、多くの見物客が来場します。
毎年5月には戸定の藤まつりが開催され、鉢植えの藤が優雅な香りで包みます。

おすすめポイント

「戸定の藤まつり」
毎年4月半ばから5月初旬まで開催されます。市民から寄付され、金ケ作育苗圃で大切に育てられている鉢植えの藤約40鉢を同所から掘り出し、戸定が丘歴史公園に運搬して展示します。白、ピンク、藤色の花と香りの競演をお楽しみください。

基本情報

施設名

戸定が丘歴史公園

所在地

千葉県 松戸市 松戸714-1

営業時間

9時~17時

定休日/休業日

月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

施設オプション

トイレ設備あり

戸定が丘歴史公園は無料。
※戸定邸への入館には、入館料(一般240円)が必要となります。

交通アクセス

電車で行く

JR常磐線、新京成線松戸駅東口下車徒歩約10分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

戸定歴史館(とじょうれきしかん)

電話番号

047-362-2050

この情報は2018年8月14日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する