ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

東漸寺

東漸寺は、文明13年(1481)、経譽愚底運公上人により、当初、根木内に開創しました。その後、天文(1532年~1554年)年中に現在の場所へ新設されました。慶長7年(1602年)に、徳川家康が浄土宗の関東18壇林の一つに定めた名刹です。江戸時代(1603年~1867年)には、関東18壇林(学問所)の一つとして知られています。毎年4月25日~27日の3日間に、浄土宗の宗祖で智恵の第一人者といわれた、徒然上人(1133年~1212年)の忌日に、徒然上人を偲ぶ法要「御忌まつり」が開かれます。

おすすめポイント

現在では、樹齢320年を誇るしだれ桜のほか、秋には参道を彩るモミジなど四季折々の自然に触れ、日本の伝統美を感じることができるお寺です。

基本情報

所在地

千葉県 松戸市 小金359

定休日/休業日

無休

駐車場

あり  

施設オプション

トイレ設備あり

桜の時期には多くの人が訪れ混雑します。互いに譲り合いの心を大切にしていただきたいです。周辺には、八坂神社、浄土寺、八坂神社、慶林寺、常真寺、鹿島神社などがあります。

交通アクセス

車で行く

国道6号線(柏方面へ)北小金駅入口交差点左折→駅方面へ2分

電車で行く

JR常磐線北小金駅南口から徒歩7分

その他の情報

お問い合わせ

名称

東漸寺

ホームページ

東漸寺(外部サイトへリンク)

この情報は2018年10月26日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する