ホーム > 観光情報検索 > 側高神社

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

側高神社

そばたかじんじゃ

側高神社は、「通称・側高様」と呼ばれ地域の人々に親しまれています。神武18年の創建といわれています。祭神は、側高大神を祀っています。834坪の境内には本殿(銅板葺流れ造)、幣殿(亜鉛板葺流造)、拝殿(銅板葺流造)、社務所所(瓦葺入母屋造)が建ち並びます。古来から祭神は神秘として口にすることを許されず、俗に言わず語らずの守とのみ伝えられるといわれています。香取神社の第一の摂社として崇敬されています。境内には老杉が生い茂り、裏山からは筑波山、利根川、鹿島の森を一望に見られる景色は風光明媚です。

基本情報

施設名

側高神社

所在地

千葉県 香取市 大倉1

定休日/休業日

無休

駐車場

あり  

施設オプション

トイレ設備あり

側高神社からは、佐原の田園地帯、利根川、常陸利根川、隣接の茨城県潮来市の山々が一望できます。周辺には、香取神宮があります。

交通アクセス

車で行く

佐原香取ICより約.6.2Km

電車で行く

JR成田線香取駅から徒歩約30分

バスで行く

<路線バス/千葉交通バス>JR成田線佐原駅から小見川行き「側高神社」下車徒歩約5分
<高速バス/千葉交通バス・京成バス>浜松町バスターミナルまたは東京駅から佐原ルート銚子行に乗り「側高神社」下車 徒歩約5分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

側高神社(そばたかじんじゃ)

電話番号

0478-57-1545

この情報は2015年11月20日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する