ホーム > 観光情報検索 > 大堤権現塚古墳

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

大堤権現塚古墳

おおつつみごんげんづかこふん

大堤権現塚古墳は、松尾駅から南西約1kmの地点に位置し国道126号線に沿って連なる台地上にある前方後円墳です。大堤古墳群の主墳とみられ、山武地方最大の規模を誇っています。墳丘の前方部には一部削平され箱根神社が祭られており、地区の人々が権現様と呼んでいるところから、権現塚古墳の名で親しまれています。古墳の全長は115m、前方部幅53m、後円部径55~60m、墳高は10~12mを測ります。

おすすめポイント

数多くの出土品ががあり、大型の古墳であるが埴輪をもたず、前方部方向が南方向に位置するなど特異な古墳。

基本情報

施設名

大堤権現塚古墳・県指定史跡

所在地

〒289-1327 千葉県 山武市 松尾町大堤

交通アクセス

電車で行く

JR総武本線松尾駅から徒歩15分

その他

JR総武本線松尾駅からタクシーで3分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

山武市教育委員会生涯学習課(さんむしきょういくいいんかいしょうがいがくしゅうか)

電話番号

0475-80-1451

ホームページ

山武市HP大堤権現塚古墳(外部サイトへリンク)

この情報は2015年4月14日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する