ホーム > 観光情報検索 > 船形山大福寺 崖観音

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

船形山大福寺 崖観音

せんぎょうさんだいふくじ がけかんのん

崖観音で知られるこの寺は、普門院船形山大福寺と称し、真言宗智山派に属する寺院です。境内の船形山の中腹に浮かぶ朱塗りの観音堂は「崖の観音」と呼ばれ、地元民や近隣の人たちから信心され参拝されています。
この観音堂の本尊は、十一面観世音菩薩で船形山の崖の中腹にある祠に刻まれています。この本尊は、養老元年(717年)に行基が東国行脚の折に神人の霊を受け、地元漁民の海上安全と豊漁を祈願して、山の岩肌の自然石に十一面観世音菩薩を彫刻したと言われています。その後、慈覚大師によって堂宇が建設されたと言われています。
幾度も天災・火災による被害を受け、現存の御堂は大正14年に、本堂は昭和元年に建立し現在に至っています。

おすすめポイント

観音堂からは館山湾や伊豆大島を眺めることが出来ます。

基本情報

施設名

船形山大福寺 崖観音

所在地

千葉県 館山市 船形835

営業時間

8時~17時

駐車場

あり   【普通車台数】若干数台  【大型車台数】若干数台 

施設オプション

トイレ設備あり

交通アクセス

車で行く

富津館山道路・富浦ICから約5分

電車で行く

JR内房線那古船形駅から徒歩約15分

バスで行く

館山駅から日東バスなむや行き「崖観音前」下車徒歩約2分

その他の情報

眺望・景観

展望スポット・展望フロアがある、夕景が美しい、海が見える

ユニバーサルデザイン

施設内段差あり

お問い合わせ

名称(ひらがな)

大福寺(だいふくじ)

電話番号

0470-27-2247

ホームページ

大福寺ホームページ(外部サイトへリンク)

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する