ホーム > 観光情報検索 > 橘樹神社

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

橘樹神社

たちばなじんじゃ

橘樹神社は、「通称・橘様」と呼ばれ地域の人々に親しまれています。祭神は、弟橘媛命・日本武尊・忍山宿禰を祀っています。3,569坪の境内には本殿(銅板葺神明造)、幣殿、拝殿(銅板葺神明造)、社務所(瓦葺平家造)が建ち並びます。延喜式神名帳にも名を残し、昔は上総二宮として人々の尊宗を集め、明治6年(1874年)県社となりました。社伝によると、日本武尊が東征のおり走水の海に身を投じた妃の弟橘媛を哀れみ、橘の木を媛の墓標としたのが橘樹神社の由来となっています。

基本情報

施設名

橘樹神社

所在地

〒299-4114 千葉県 茂原市 本納738

定休日/休業日

無休

施設オプション

トイレ設備あり

古文書の一つに、「寛政12年(1800年)11月、社殿改造のため墳丘を削ったら、こしき、壷、鉄器」が出てきたと記されています。その中の「大きな壷は遺品を納めたものと考えすべて地中に埋め戻した」とあります。周辺の自然林は、茂原市の指定天然記念物です。

交通アクセス

車で行く

圏央道茂原北インターチェンジから車で10分

電車で行く

JR外房線本納駅から徒歩15分

バスで行く

JR外房線大網駅からバス茂原行き「橘樹神社」下車徒歩1分(平日のみ運行)

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

橘樹神社(たちばなじんじゃ)

電話番号

0475-34-2400

この情報は2014年12月5日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する