ホーム > 観光情報検索 > 長南町/笠森観音 さくらが楽しめるスポット

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

長南町/笠森観音 さくらが楽しめるスポット

ちょうなんまち/かさもりかんのん さくらがたのしめるすぽっと

笠森寺は、天台宗・別格大本山です。延暦3年(784年)に最澄上人が楠の霊木で十一面観音菩薩を刻み安置・開基されたといわれる古刹です。板東三十三観音札所の第三十一番札所として、古来より巡礼の霊場として知られています。十一面観音像が本尊であることから通称「笠森観音」とも呼ばれています。大岩の上にそびえる観音堂は、長元元年(1028年)、後一条天皇の勅願で建立さました。六十一本の柱で支えられた四方懸造は、特異な建築様式で全国でも珍しい日本唯一の構造で国指定の重要文化財です。

おすすめポイント

<2020年さくら情報>
笠森観音周辺には、多くの桜や梅の木が植えられています。4月初旬には「花まつり(お釈迦様の誕生日を祝う行事)」が開催されます。甘茶の接待があり、花桃も鑑賞することができます。
□ 見 頃:3月下旬~4月上旬
□ 規 模:約120本(境内に約20本、観音山に約100本)
□ 品 種:ソメイヨシノ、ヤマザクラ、シダレザクラ、ギョイコウ等

<初詣2020>
初詣は年頭の祈願をする重要な年中行事です。御利益いっぱいの笠森観音で輝かしく新年をお迎えください。
境内には多くの国・県・町指定の文化財があります。

基本情報

施設名

笠森観音

所在地

千葉県 長生郡長南町 笠森302

定休日/休業日

無休

駐車場

あり  

施設オプション

トイレ設備あり

観音堂下に広がる森林は、4ヘクタールにも及ぶ公園です。開創当時から禁伐林として保護され、樹齢(1,000年以上)が古い樹木が多く見られます。歩きやすい遊歩道、展望台、広場があり森林浴も楽しめます。重要文化財として、鋳銅唐草文釣燈篭、鋳銅孔雀文磬、鋳銅鰐口があります。

交通アクセス

車で行く

茂原長南ICを出て千田交差点を左折、国道409号線を道なりに約10分

バスで行く

JR外房線茂原駅から牛久行きバス「笠森」下車

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

笠森観音(笠森寺)(かさもりかんのん(かさもりでら))

電話番号

0475(46)0536

ホームページ

笠森観音(外部サイトへリンク)

この情報は2020年3月11日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する