ホーム > イベント > 千葉市の海辺から「ダイヤモンド富士」を見よう!

ここから本文です。

千葉市の海辺から「ダイヤモンド富士」を見よう!

ちばしのうみべから「だいやもんどふじ」をみよう!

富士山頂にちょうど落日が重なる神秘の現象「ダイヤモンド富士」。
日本では、富士山は頂上に浅間神社があるように神として崇拝する山岳信仰の対象となっており、太陽も「アマテラスオオミカミ」という日本の神様として日本各地で崇拝の対象となっています。
日本人の崇拝の対象となっている、富士山と太陽のコラボレーション「ダイヤモンド富士」。
人工海浜の長さが日本一の千葉市では、毎日少しずつ移動すれば、ダイヤモンド富士を「海越しの富士山(東京湾をはさんで見える富士山)」として、毎年10月と2月の約10日間、千葉市内で観賞することができます。
気象条件が重なれば、幕張メッセの近くの幕張の浜などで見ることができます。
千葉市の海辺で、旅の思い出に「ダイヤモンド富士」を観賞してみませんか?

千葉市の海辺から「ダイヤモンド富士」を見よう!の開催期間

2018年10月14日~10月23日

基本情報

イベント内容

平成30年10月 ダイヤモンド富士観賞予定日時

■見え方
A:太陽が富士山の斜面を転がるように沈む
B:太陽が美しく富士山頂にかかるように沈む
C:太陽が富士山の左側に沈む

■場所・予定日時
・蘇我(フェスティバルウォーク蘇我)
10月14日(日曜日)16時57分 A
10月15日(月曜日)16時57分 B
10月16日(火曜日)16時56分 C

・千葉みなと(千葉ポートタワー)
10月15日(月曜日)16時56分 A
10月16日(火曜日)16時55分 B
10月17日(水曜日)16時54分 C

・いなげの浜(ビーチセンター前)
10月17日(水曜日)16時53分 A
10月18日(木曜日)16時51分 B
10月19日(金曜日)16時51分 C

・検見川の浜(稲毛ヨットハーバー付近)
10月18日(木曜日)16時52分 A
10月19日(金曜日)16時50分 B
10月20日(土曜日)16時51分 B
10月21日(日曜日)16時49分 C

・幕張の浜(ZOZOマリンスタジアム周辺)
10月20日(土曜日)16時51分 A
10月21日(日曜日)16時47分 B
10月22日(月曜日)16時47分 B
10月23日(火曜日)16時46分 C

※天候により、ダイヤモンド富士が見ることができない場合があります。

開催場所

ZOZOマリンスタジアム、稲毛ヨットハーバー、ビーチセンター前、千葉ポートタワー、フェスティバルウォーク蘇我
千葉県 千葉市 JR蘇我駅~JR海浜幕張駅

駐車場

あり  

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

千葉市観光プロモーション課(ちばしかんこうぷろもーしょんか)

電話番号

043-245-5066

メールアドレス

promotion.EAE@city.chiba.lg.jp

ホームページ

千葉市観光プロモーション課(外部サイトへリンク)

この情報は2018年9月3日現在の情報となります。