ホーム > イベント > 木内十二座神楽

ここから本文です。

木内十二座神楽

きのうちじゅうにざかぐら

江戸時代後期、文化年間(1804~1818)には既に執行されていたといわれ、文政12年(1829)には神楽面11面を修理したとの記録が残っています。
明治以前は、最寄りの神職が相会して奉仕し、明治初期頃から氏子の青年により行われるようになりました。
現在は、地元の有志で組織する木内神楽保存会によって十二座神楽が継承され、氏子の安泰と五穀豊穣・商売繁盛を祈願し、3月3日の祭礼に奉納されています。

木内十二座神楽の開催期間

2018年3月3日 /12時00分~17時00分ごろ

基本情報

開催場所

木内大神
千葉県 香取市 木内1166

交通アクセス

車で行く

東関東自動車道佐原香取ICから10分

電車で行く

JR成田線小見川駅からタクシー10分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

香取市教育委員会生涯学習課(かとりしきょういくいいんかいしょうがいがくしゅうか)

電話番号

0478-50-1224

この情報は2018年3月1日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する