ここから本文です。

更新日:2014年9月17日

vol.2【館山市】「館山早春周遊」コース

館山市商工観光課 上山さん

今回は館山市 商工観光課 上山さんがお奨めする「館山早春周遊」コースをご紹介します。
館山の自然の恵み体験はいかがですか?
新しい年の始まり、暖かな館山ならではの館山周遊コース。
館山は年明け~春にかけて花摘み、イチゴ狩りに適した季節です。早春の館山を思い切り楽しんで下さい!
<コースお問合せ先>

館山市役所商工観光課(外部サイトへリンク)

コースマップ

館山周遊マップmap拡大マップへ(PDF:403KB)

館山駅

※写真はイメージです

(1)館山駅

内房線JR館山駅は、南欧風の明るいたたずまいの駅舎です。
駅の周辺には花壇が設置され、春にはポピーなど、一年を通して季節の花を楽しむことができます。
館山駅東口、階段下りてすぐのところに、館山観光案内所(館山観光協会)があり、観光についての相談に応じてくれるほか、観光パンフレットが多数取り揃えられています。
また旅のちょっとした休憩にも便利なのが、「館山中村屋」さん!
東口より徒歩30秒、まっすぐ歩いて左側に見える建物!
1、2階にイスとテーブルが用意されているのでぜひ利用してみては。焼きたてパンは、ふんわり香ばしくてとても美味しいです!
なかでも特製アンパンは餡がずっしり詰まっていますが、しつこくない味なので人気が高いです。その他多種のパンが作られているので選ぶのも楽しいです!

<館山駅~安房神社>

バス JR内房線館山駅からJRバス神戸(かんべ)廻り安房白浜行き「安房神社前」下車 徒歩 5分

 

車 館山自動車道~富津館山道路経由、富浦ICより国道127号線・410号線(安房神社前で左折) 約30分

安房神社

※写真はイメージです

(2)安房神社

パワースポットでも有名な安房神社。この地は、安房国を築いた最初の地とされ、地域の人々をはじめとする多くの崇敬者の支えられ、時代の変遷によって、現在ではパワースポットとして知られるようになりました。
パワースポットの1つとして言われている御神木は、推定樹齢500年と伝えられる槙の木です。太い幹から分かれた幾本もの枝が空に向かって伸びているその姿は”荘厳”のひと事。太い幹に手を当てて気をいただくことで、運が開けると言われています。気持ちを落ち着かせるのにお勧めのスポット!

 

<問合せ先>

安房神社(外部サイトへリンク) 千葉県館山市大神宮589番地(TEL:0470-28-0034)

<安房神社~ファミリーパーク>

バス 相の浜まで徒歩15分洲崎方面またはフラワーライン方面バスより 約10分

 

車 約7分

ファミリーパーク 花摘み

※写真はイメージです

(3)ファミリーパーク 花摘み

花摘みと言えば、関東最大のポピーの花摘み広場と言われるファミリーパークがお勧め!100万本のポピーに包まれながら、一足早い「春」を満喫できます。花やハーブの美しい彩と香りを楽しめ、時間を忘れてしまいそう。
栽培期間は、12月~5月「ポピーフェスティバル」期間中です。「ポピーひな祭り(23年2月26日(土曜日)~3.6(日曜日))」など季節の行事に合せた様々なイベントも開催しています。平砂浦海岸沿いにある施設なので、爽やかな潮風を感じながら花摘みができるのも魅力!

<問合せ先>

株式会社オーシャンヴェール館山(外部サイトへリンク)

〒294-0224 千葉県館山市藤原1495-1(TEL:0470-28-2211)

<ファミリーパーク~いちご狩りセンター>

バス 洲崎方面経由、館山駅まで約40分。館山駅→日東バス鴨川、千倉方面行きで約10分
「上野原」下車(館山観光いちご狩りセンター)
「館野農協前」下車(館山いちご狩りセンター、あぶり営業所、豊房営業所)

 

車 (JA)約21分/(あぶり)19分/(豊房)17分

イチゴ狩り

※写真はイメージです

(4)イチゴ狩り

春の館山で旬を代表する果物がイチゴ!甘くて真っ赤に熟した大粒のイチゴをおなかいっぱい堪能できます!旅の疲れも癒されます。
館山市内では3つのイチゴ狩りセンター(館山いちご狩りセンター(JA)、館山観光いちご狩りセンター(【1】あぶりいちご園)(【2】とよふさいちご園)でイチゴ狩り体験が可能です(1月初旬~5月初旬)。春の館山にいくなら、いちご狩りも計画に入れてみては!

<問合せ先>

さいごに

今回は春にスポットを当てて、春にお勧めのスポットを紹介させていただきました。
お時間があれば、2010年4月のオープンした館山湾多目的観光桟橋にも足を運んでみて下さい。海が身近に感じられ、絶景の景色を体感することができます。晴れて条件がよければ、真っ白な雪に包まれた大きな富士山が現れます。非日常的な空間に時間を忘れてしまうくらい壮大です。館山駅から徒歩で20分、レンタサイクルを利用したら10分程度で行くことが出来るので気軽に散策できるスポットです。

また海に面した館山は”鮨のまち”ともよばれいるくらい鮨店が多いです。駅西口すぐ「おしゃれ鮨 海の花」では、鮨をあぶりながら食べれたり、駅東口より徒歩1分程の「寿し甚」では館山ならではの、”さんが焼き”を楽しめたりできるのでおすすめです。田舎鮨を楽しみたいなら「なか川」!などそれぞれの鮨店には、特色があります。とれたて新鮮な鮨を堪能できること間違いなしです!
新鮮な食材と絶景の景色を楽しみに、ぜひ暖かな館山に遊びにきて下さい!!

館山 一口メモ

館山は、江戸時代後期の読本作者・曲亭馬琴によって書かれた大ヒット伝奇小説「南総里見八犬伝」の舞台となった場所。舞台となったのが現在の城山城。現在は、ここに3層4階の模擬天守閣が建てられ、博物館になっています。安房地方の歴史とロマンに出会える場所として親しまれています。望楼からは、海に囲まれた市内地の絶景を一望できるので観光スポットとしても選ばれています。 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。