ホーム > おすすめコース > 週末ぶらり千葉の旅 > 週末ぶらり千葉の旅バックナンバー > vol.33-1【白井市】「池川さんと行く、散策マップを使って、おも♪しろい発見」コースその1

ここから本文です。

更新日:2014年9月17日

vol.33-1【白井市】「池川さんと行く、散策マップを使って、おも♪しろい発見」コースその1

しろいふるさとガイドの会 池川 悟さん

今回は、しろいふるさとガイドの会の池川 悟さんがお奨めするコースです。池川さんからはオススメの2コースをご紹介いただきました!その1は、『しろい散策マップ』(A5サイズ:白井市教育委員会 発行)をもとに市内循環バス「ナッシー号」を使ってのんびり「田園風景を歩く」散策コースをご紹介します。
都心から30kmの距離にあり、ベッドタウンとしてニュータウン計画が進められたため、駅周辺は団地などの住宅が立ち並ぶ風景ですが、駅から少し離れると梨畑や田畑が残る自然豊かな田園風景が広がります。
白井市は、健康文化都市宣言をしており、『しろい散策マップ』もその一つを担って作られたものです。このマップは健康も意識して、距離や歩数が書いてあるんです。すごいですよね、健康的な美ボディを手に入れつつ、白井の歴史を感じて、新しい魅力が発見できるかもしれない、そんな願いを叶えるかもしれない素敵な一冊です。皆さんもこれを利用して、健康的に市の魅力を再発見してみてはいかがですか?
<コースお問合せ先>
しろいふるさとガイドの会
TEL/FAX:047-491-0503

ikegawa103@jcom.home.ne.jp

コースマップ

しろい散策マップ

しろい散策マップ(PDF:4,134KB)

拡大マップへ(PDF:4,134KB)

白井散策マップの画像

参考『しろい散策マップ』
※『しろい散策マップ』、白井市郷土資料館にて1部200円で販売しています。

散策コース コース概要

【鉄道】 白井駅→(1)白井市郷土資料館

【バス:ナッシー号 北ルート】 白井市役所→(2)滝田家住宅(国指定重要文化財)→(3)カンナ街道→(4)今井の水塚

白井駅

徒歩 約10分

印西牧場之真景図1の画像

印西牧場之真景図2の画像
印西牧場之真景図(部分)

白井市郷土資料館(白井文化センター内)の画像

白井市郷土資料館
平成25年度企画展チラシ

(1)白井市郷土資料館(白井文化センター内)

白井市文化センターの3階にあります。白井市は古くは旧石器時代から人々が生活していた住みよい土地で、江戸時代には幕府直営の牧(牧場)が置かれたほか、銚子からの海産物を、利根川を利用して江戸へ新鮮なまま運んだ「鮮魚道(なまみち)」、銚子や鹿島・香取神宮を目指す旅人が行き交いにぎわった鹿島道が通っています。
これらに関する資料が時代ごとに展示されていて、歴史・文化を知ることができる施設です。年代ごとの航空写真、江戸時代に放牧された馬の野馬捕りの様子を描いた「印西牧場之真景図」は必見ですよ。

来館の記念に、白井市のマスコットキャラクター「なし坊」を用いたかわいらしいデザインのスタンプも押してくれます。(平成25年5月31日から)

現在、10月6日(日曜日)までの日程で、企画展「くらしの中の民具-変わっていくもの・変わらないもの-」が開かれていて、ちょっと昔に白井で使われていた道具がたくさん展示されています。こちらもぜひご覧ください。

【入館料】 無料

スタンプの画像
来館記念スタンプ

白井市役所:北ルート

バス 約40分+徒歩1分

滝田家住宅の画像

滝田家住宅

(2)滝田家住宅

市内唯一の国指定重要文化財で、300年以上(17世紀後半)前に建てられた寄棟(よせむね)づくり・茅葺屋根が特徴の古民家で、現在も所有者が居住している珍しい建物です。(国指定重要文化財:見学を希望する際は事前に白井市教育委員会文化課(047-492-1123)に連絡をして許可を得てください。)

徒歩 約5分

カンナ街道の画像

カンナ街道の画像

カンナ街道・卵直売所

(3)カンナ街道

滝田家住宅前の手賀沼沿いにある街道を西に向かって歩いて行くとカンナがお出迎えしてくれます。数キロにわたり赤や黄色の花が咲き、歩く足取りを軽くしてくれます。(開花時期:7月~10月頃)カンナ街道をぶらぶら歩いて行くと地鶏の新鮮卵を直売所で販売している養鶏農家に出会います。

徒歩 約30分

今井の水塚の画像

今井の水塚

水害の際の今井地区(昭和16年)の画像

水害の際の今井地区(昭和16年)

(4)今井の水塚(みづか)

手賀沼の氾濫により、水害にあうことを避けるため土盛りをもうけ、水が溢れた時の避難場所として、蔵を建てたものです。7基が市の指定文化財になっています。胸のあたりまで水が溢れてたのが分かりますね。

白井市一口メモ

白井は、梨の産地というのは案外知られていないのでないでしょうか?白井の台地は関東ローム層という火山灰土壌で、水はけがよく梨の栽培には適しており、「幸水」「豊水」「新高」などの梨づくりが盛んなんです。生産量はなんと県下一を誇っています。桜の開花が終わると白い梨の花が一斉に咲きます。梨の花の咲く季節も楽しめ、夏には、たくさんの梨の直売所が並びにぎわいます。しゃりしゃりとした食感と、甘くてみずみずしい味が自慢です。 8月~9月にかけて梨狩りもできるので、是非一度食べに来てください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。