ホーム > おすすめコース > 週末ぶらり千葉の旅 > 週末ぶらり千葉の旅バックナンバー > vol.25【山武市】「さんむの”いちご”食べ歩き」コース

ここから本文です。

更新日:2014年9月17日

vol.25【山武市】「さんむの”いちご”食べ歩き」コース

山武市 農商工・観光課観光係 村井さん

今回は山武市の村井さんがお奨めする、「さんむの”いちご”食べ歩き」コースをご紹介します。
山武市は山と海に囲まれた自然豊かな立地にあり、気候にも恵まれ、季節によって四季折々の景色や味覚を楽しむことができます。
そんな山武市で、この時期旬なものと言えば「いちご」です!
今回は市内の歴史ある建物を見学しながら、旬のいちごを満喫できるコースをご紹介します。
<コースお問合せ先>
山武市農商工・観光課観光係 電話:0475-80-1202
山武市観光協会(わが街ご案内処) 電話:0475-82-2071

山武市公式ホームページ(外部サイトへリンク)

山武市観光協会公式ホームページ(外部サイトへリンク)

コースマップ

さんむのいちご食べ歩きコースマップ

さんむのいちご食べ歩きコースマップ

拡大マップへ(PDF:1,563KB)

山武市ガイドマップ

山武市ガイドマップ

拡大マップへ(PDF:45,080KB)

コース概要

(1)浪切不動院→(2)山武市歴史民俗資料館(伊藤左千夫生家)→(3)大髙醤油→(4)いちご狩り→(5)道の駅オライはすぬま(時間があれば) 【所要時間:半日程度】 ※施設の見学時間にもよります。

浪切不動院の画像

(1)浪切不動院

JR成東駅を出てすぐ目に入るのが浪切不動院です。石塚山の中腹の岩石上に作られた懸崖造りの赤い本堂は、市内でも数少ない江戸時代初期の建造物です。正式には不動院長勝寺本堂といい、本尊の不動明王像は、かの行基菩薩が造作したとされています。本堂からは市街地が一望でき、パワースポットとしても有名です。

浪切不動院(外部サイトへリンク)

徒歩 約20分

山武市歴史民俗資料館(伊藤左千夫生家)の画像

(2)山武市歴史民俗資料館(伊藤左千夫生家)

アララギ派の歌人で、小説「野菊の墓」の作者としても有名な伊藤左千夫や、郷土についての資料が展示されています。資料館に隣接する伊藤左千夫の生家は、築220年ほど経っており、趣のある茅葺屋根、敷地内には伊藤左千夫の設計した茶室「唯真閣」や、映画「野菊の墓」を記念して植えられたアララギの木もあります。
いちごを味わう前にぜひ山武の歴史にも触れてみてください。

お問合先:0475-82-2842

徒歩 約20分

大髙醤油の画像

(3)大髙醤油

大髙醤油は、山武市冨田の地で文化元年(1804年)より醤油・つゆ・たれの製造と販売を行っている老舗の醤油蔵です。江戸時代より200年を超える伝統と技から造りだされる醤油は逸品の名にふさわしい味です。工場では醤油の製造工程を見学することもできます。「山武の醤油」をぜひ味わってみてください。

※工場見学は要予約(電話:04750475-82-5581【大髙醤油(外部サイトへリンク)】)

徒歩 約10分

和菓子司 かねきちの画像

(4)いちご狩り

山武市内には数十軒のいちご農園があり、国道126号沿いには多くの直売所やハウスが立ち並び「ストロベリーロード」と呼ばれています。特に20農園が参加する山武市成東観光苺組合では、40分食べ放題のいちご狩りを実施します。「紅ほっぺ」や「章姫」、千葉県品種の「ふさのか」など、様々な種類のいちごがありますので食べ比べてみましょう。また、そのまま食べるいちごも絶品ですが、苺を使った商品も数多く製造されています。生のいちごを味わった後には、いちごを使ったお土産もいかがでしょうか。

【いちご狩り&いちごの加工品に関するお問合せ先】
山武市観光協会 電話:0475-82-2071

車 約15分 時間があれば

道の駅オライはすぬまの画像

(5)道の駅オライはすぬま

名前のオライとは「私の家」という意味。自分の家のようにくつろいだ気持ちで遊びに行ける道の駅です。新鮮な野菜や太巻きずし、いわしのごま漬けなど地場の美味しい特産物が購入でき、レストラン「蓮味」では名物の「いわし丼」を堪能することができます。土日祝日には楽しいイベントも開催しております。山武市にお越しの際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

道の駅 オライはすぬま(外部サイトへリンク)

 

営業時間
  • 物産館:午前9時~午後7時まで(冬季~午後6時まで)
  • レストラン:午前11時~午後5時まで(冬季~午後4時まで)

 

 

休館日:年中無休

 

お問合先:0475-80-5020

さいごに

SUNムシくん

山武市の魅力は、春夏秋冬、季節を通して楽しめるところです。今回は旬の苺をお楽しみいただきましたが、春には桜が咲き、夏は広い砂浜で海水浴にバーベキュー、秋にはおいしい農産物が楽しめます。
今年誕生した山武市マスコットキャラクターの「SUNムシくん」もみなさんのお越しをお待ちしております。

山武 一口メモ

山武市一口メモ画像

「第2回いちごの里さんむS1グランプリ」開催決定!
昨年、初開催したS1グランプリ。S1のSは、さんむ、ストロベリー、スイーツの頭文字をとったもの。山武市産の苺を使用したスイーツが大集合します。平成25年1月31日(木曜日)まで、出店者も募集中です!

開催日時:平成25年3月9日(土曜日) 午前11時から午後3時まで

開催場所:山武市役所前駐車場

(詳しくは山武市公式ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。