ホーム > おすすめコース > 週末ぶらり千葉の旅 > 週末ぶらり千葉の旅バックナンバー > vol.34【香取市】「小江戸de開運・コスモスまつり」コース!

ここから本文です。

更新日:2014年9月17日

vol.34【香取市】「小江戸de開運・コスモスまつり」コース!

香取市ミスあやめ 藤野さん

今回は香取市のミスあやめ・藤野さんがお奨めする”小江戸de開運・コスモスまつりコース”をご紹介します。
【小江戸de開運コース】
パワースポットブームなど、“幸せ”をもたらしてくれるモノ、加護してくれるものへの関心が高まっている昨今、小江戸佐原には、御利益たっぷりの招福スポット・商品・グッズが数多くあります。そんな縁起のよいコースを企画しました。
【コスモスまつり】 9月15日(日曜日)~10月14日(月曜日)
4haの広大な土地に、400万本の色鮮やかなコスモスが広がり、あたり一面がピンク色に染まる光景は圧巻です。
「家族」や「カップル」で楽しめ、コスモス摘み取りもできます。
撮影スポットもあり、「秋」の思い出の1ページになることうけあいです。
コスモスまつり会場では、地元農産品も直売もしています。完熟いちじくも店頭にならんでいます。
なかでも、香取市の新たな観光ブランドになりつつある「いちじく」は、抗酸化ポリフェノールが含まれ、低カロリーで美容によく、女性に嬉しい果物です。

コースマップ

香取市ミスあやめ・藤野さんお勧め
小江戸de開運・コスモスまつりコース!対応MAP

コース概要

JR佐原駅→(1)開運橋~佐原町並み散策~→(2)水郷佐原山車会館→(3)伊能忠敬記念館→(4)酒蔵見学⇒JR佐原駅~JR十二橋駅→(5)コスモスまつり
[所要時間:2.5~3時間] ※施設の見学・体験時間にもよります。

開運橋~佐原町並み散策~の画像

(1)開運橋~佐原町並み散策~(60分程度)

JR佐原駅を出発し、徒歩10分程度で、重要伝統的建造物群保存地区への入口にその名も縁起の良い開運橋が見えてきます。欄干の開運鯉のモニュメントをなでて幸運を引き寄せましょう!
小江戸佐原の情緒を堪能してください。小野川舟めぐり体験も是非!

徒歩 約10分

水郷佐原山車会館の画像

(2)水郷佐原山車会館(30分程度)

重要無形民俗文化財に指定され、関東三大山車祭りの一つ「佐原の大祭」は、夏秋併せて100万人もの人が訪れます。
当施設では、佐原の大祭で曳き廻される絢爛豪華な山車が常時2台展示されており、いつでも祭りの熱気と興奮、本物の迫力を体験することができます。
また、10月11日(金曜日)~13日(日曜日)は、「佐原の大祭 秋祭り」です。是非足を運んで頂き、「江戸優り」と呼ばれ、歴史と伝統が息づく祭りを体感して下さい。

水郷佐原山車会館(外部サイトへリンク)

徒歩 約10分

伊能忠敬記念館の画像

(3)伊能忠敬記念館(30分程度)

江戸時代に足かけ17年をかけて全国を測量し『大日本沿海輿地全図』を完成させ、日本史上はじめて国土の正確な姿を明らかにした人物 伊能忠敬。
その偉業を讃えH22年に関係資料2345点が国宝に指定されました。記念館では、その資料と忠敬の歩みを見ることができます。国宝からパワーをもらいましょう!

伊能忠敬記念館(外部サイトへリンク)

徒歩 約5分

酒造見学の画像

(4)酒造見学(30分程度)

佐原では、江戸時代から続く老舗「東薫(外部サイトへリンク)」「馬場(外部サイトへリンク)」酒蔵が、美味しいお酒を造っています。大吟醸は、多くの賞をとっている名高いお酒です。
最近は、若い女性の間でも人気の日本酒。日本酒には美白効果や、アンチエイジング、血行促進など美容効果が高く、お酒を飲みながらキレイに近づけるのも人気の秘密だそう。
さらに日本酒は運気アップアイテムだといわれています。
見学後は、JR佐原駅へ

※見学に際しては、念のため事前にお店へお問い合わせください。

鉄道 約10分 JR十二橋駅からすぐ

コスモスまつりの画像

(5)コスモスまつり(外部サイトへリンク)(60分程度)

広大な敷地に400万本のコスモスが咲き誇る様は壮観です。
コスモスの無料摘み取りや、いちじく、朝採り野菜、こしひかり等の販売もあります。
幸せの黄色いコスモスがありますので、是非探して幸せをお持ち帰りください。

  • 開催日:9月15日(日曜日)~10月14日(月曜日)まで
  • 交通:JR佐原駅から鹿島線で一駅「十二橋駅」で下車。

さいごに

”開運”という切り口で小江戸佐原のコースを組んでみましたが、いかがでしょうか。時間があれば、パワースポットとしても注目されている東国の名社「香取神宮」にも足を伸ばしてみてください。

また、町並み散策中の一休みには、古民家を改装したカフェがおススメです。周囲の環境にふさわしい情趣豊かなたたずまいは、佐原散策に訪れた人々の格好の休息所になっています。

そして、10月11日(金曜日)~13日(日曜日)には、佐原の大祭秋祭りがあります。今年東京ドームで行われた全国の祭りが集まる「ふるさと祭り東京2013」にも出場し、佐原の勇壮な山車が東京に『粋』を運びました。近年さらに注目を集めている祭りを是非体感してください。

香取市 一口メモ

香取市は、「小江戸」佐原地区を中心に、観光の見所が数多くあります。また、”市民が主役・もてなしの提供者である”という考えが浸透しており、いらして頂く皆様には、温かく心に残るおもてなしを心掛け、評価を頂いております。『佐原まちぐるみ博物館』は、その際たる例で、「まち全体・そのものが博物館」をイメージに、重要伝統的建造物群保存地区を中心とした各商家などが、それぞれに受け継がれてきた暮らしや自慢にまつわる品を各個店で“博物館”として展示し、来街者が各館をめぐることで、佐原の歴史、文化、暮らしそのものと、人の優しさにふれる企画として、佐原おかみさん会が運営しています。

2020年のオリンピック招致プレゼンでも話題となった”おもてなし”をいらしていただき感じてもらえれば幸いです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。