ホーム > おすすめコース > 週末ぶらり千葉の旅 > 週末ぶらり千葉の旅バックナンバー > vol.26【鴨川市】「ギュっと鴨川盛りだくさん」コース

ここから本文です。

更新日:2014年9月17日

vol.26【鴨川市】「ギュっと鴨川盛りだくさん」コース

鴨川市役所観光課 犬石さん

今回は鴨川市の犬石さんがお奨めする、「ギュっと鴨川盛りだくさん」コースをご紹介します。
「人生山あり谷あり」と言いますが、もちろんわが町鴨川に「谷」はないですよ(笑)代わりに、なんとなんと「里山ありマリーナあり!?」といったところでしょうか。
農村と漁村が共存する鴨川では、その地域ごとにがらりと変わる特色を、見て知って楽しんでいただくことができるんですよ。
このコーナーではそんな地域ごとの特色を一度に味わうことができるコースを紹介します。(春のみ体験できるオプションもあり)
とってもとってもオトクな鴨川を、どうぞご堪能ください。
<コースお問合せ先>
鴨川市観光課 電話:04-7093-7837

川ポータルサイト「かもナビ」(外部サイトへリンク)

コースマップ

「ギュっと鴨川盛りだくさん」コース

芝山町コースマップ(PDF:329KB)

拡大マップへ(PDF:329KB)

コース概要

(1)魚見塚展望台→(2)フィッシャリーナ鴨川→(3)郷土資料館・文化財センター→(4)菜な畑ロード(※春季のみ)→(5)みんなみの里→(6)大山千枚田 [所要時間:3~4時間] ※施設の見学時間によります。

魚見塚展望台の画像

(1)魚見塚展望台うおみづかてんぼうだい)

鴨川のおよそ中央にそびえる嶺岡山の山頂近くにあります魚見塚展望台は、女神像「暁風」をシンボルとして、前原海岸や鴨川松島、仁右衛門島など三方に開けており、どこまでも続く大海原や鴨川の街並みが一望できますよ。まさに絶景かな絶景かな(笑)
ここでとっても大事な情報!この展望台では、女神像「暁風」の前で、恋人同士が誓いをたて、その証として、鍵をかけていくと「幸せが未来へ続く」と言われ愛が成就すると伝えられていることから、「誓いの丘」とも呼ばれています。事実、これまでもたくさんのカップルが訪れ、めでたくゴールインをされているんです。実は僕もその1人ですから…

魚見塚展望台(外部サイトへリンク)

車 約10分

フィッシャリーナ鴨川の画像

(2)フィッシャリーナ鴨川

皆さん知ってましたか?フィッシャリーナとは漁港に併設されるミニサイズのマリーナのことなんです。古くから天然の良港として知られた鴨川漁港の一角、このフィッシャリーナ鴨川には、なんと約60隻ものヨットとクルーザーが係船されています。あの間寛平さんのアースマラソンも、ここフィッシャリーナ鴨川が出発点なんですヨ♪
ご来訪の際には、鴨川の海を楽しむための情報が集約されています海女小屋風クラブハウス「海太郎」にもぜひぜひお立ち寄りください。

車 約10分

郷土資料館・文化財センターの画像

(3)郷土資料館・文化財センター

潮風にあたり海を満喫していただいた後は少し頭を働かせてみませんか。
ここ市の公共施設「郷土資料館」では、鴨川の昔の生活などがしのばれる、約9000点もの郷土資料や文化遺産を収蔵・展示しています。このほか、鴨川出身の大蔵大臣、水田三喜男氏の収集美術品コーナー、歌人・古泉千樫、欄間彫刻師・波の伊八の特別展示など内容は盛りだくさん。
また「文化財センター」には市内の遺跡から出土した考古資料が展示されています。
入館料は大人お1人200円、小中高校生は150円です。

郷土資料館・文化財センター(外部サイトへリンク)

車 約5分

和菓子司 かねきちの画像

(4)菜な畑ロードななばたけろーど)

頭にギュっと知識を詰め込んだ後は、鴨川自慢の花畑で心を癒しましょう。
鴨川市役所裏、約7000坪の敷地いっぱいに菜の花の黄色いじゅうたんが広がります。ちょっとカッコイイ表現をすると、鴨川だけの春の楽園といったところです。
鑑賞だけではなく、午前10時から午後1時までは有料で菜の花の摘み取りも可能。まだまだありますよ、2~3月の日曜日には菜の花畑の花摘みをした方先着200名様を対象に、地場産品や宿泊券などが当たる空くじなしのくじ引き大会も実施されます。僕も参加したいなあ…

菜な畑ロード(外部サイトへリンク)

車 約15分

みんなみの里の画像

(5)みんなみの里

棚田に向かう前に休憩がてら、ちょっとした体験やお土産の購入はいかがでしょうか。
ここ総合交流ターミナル「みんなみの里」は、嶺岡山のふもとに位置し、農産物や地場産品の販売をはじめ、田植え・稲刈りなどの体験リゾートの紹介、鴨川・南房総地域の情報発信などを行う都市と農村の交流拠点です。
ここで簡単にですが施設の紹介を。「交流館」では地場産品や伝統工芸品などの展示・販売、「体験館」では田植え・稲刈りやイチゴ狩り、陶芸などが体験できます。
お土産はいただいた皆さんに喜ばれますがご自身には残りませんよね。ぜひご自身の記憶に残る旅の一助に体験コーナーをご利用いただければ幸いです♪

みんなみの里(外部サイトへリンク)

車 約5分

大山千枚田の画像

(6)大山千枚田おおやませんまいだ)

いよいよ最後の施設です。鴨川の里山を代表する施設、ここ大山千枚田は「日本の棚田百選」に県内から唯一選ばれた、東京から一番近い棚田です。
広さ約3haの急傾斜地に、階段のごとく連なる大小375枚の田んぼから構成されており、稲作作業への参加が可能な「オーナ-制度(関東では初!)」がとられています。運がよければオーナー皆さんの作業を見ることができるかもしれませんね。
平成22年9月には天皇皇后両陛下の行幸啓をいただき、平成24年3月には行幸啓記念碑が建立されています。
四季を通じて自然との様々なコントラストを見せてくれますので、いつ来てもとっても心安らぐ場所ですよ。

大山千枚田(外部サイトへリンク)

さいごに

東京からおよそ90km、房総半島の南東端に位置する鴨川市ですが、アクアラインの開通をはじめ近年の交通網の整備により、渋滞につかまらなければ約1時間30分ほどで鴨川へ入ることができます。そういった意味では都心から一番近いリゾート都市と呼べるのではないでしょうか。
おすすめコース以外にも、鴨川にはたくさんの魅力があります。日蓮宗の開祖である日蓮聖人の生誕地にして関係寺院を多数有すること、県内唯一の国指定特別天然記念物「鯛の浦タイ生息地」を有すること、日本を代表する海洋レジャー施設「鴨川シーワールド」を有することなど。スポーツ面を見ましても、プロ野球球団千葉ロッテマリーンズの秋季キャンプ地であったり、日本のサーフィン発祥の地として年間25回程度のサーフィン大会が実施されていたりします。
鴨川は様々な分野、様々な視点からも魅力はたくさんです。
ご不明な点は何なりとお問い合わせください。
皆様のお越しをお待ちしております。

鯛の浦タイ生息地(外部サイトへリンク)

鴨川シーワールド(外部サイトへリンク)

鴨川 一口メモ

鴨川市一口メモ画像

鴨川での昼食や夕食には、ぜひ「おらが丼」をご利用ください。
地産地消など一定のおきてのもと創作されている我が店自慢のどんぶりです。
皆様の口コミをはじめ、全国丼サミットなどへの参加で認知度も高まってきており、現在では参加店も50店舗を数えます。
ぜひ、いろいろな味を食べ比べてみてください。

おらが丼(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。