ホーム > おすすめコース > 週末ぶらり千葉の旅 > vol.54【鎌ケ谷市】”おかしな”鎌ケ谷満喫コース

ここから本文です。

更新日:2015年8月28日

vol.54【鎌ケ谷市】”おかしな”鎌ケ谷満喫コース

鎌ケ谷市奥井さん

鎌ケ谷市商工振興課
奥井さん

都心と成田空港の中間に位置し、鉄道4線が通うためアクセスがしやすい鎌ケ谷市は、総面積21.08平方キロメートル、千葉県の市町村の中でも5番目に小さいまちです。このコンパクトなまちの中には、都心に近いにも関わらず、自然や文化財が多く残っているという特徴があります。そして、もう二点意外なポイントとして、1.なんだか気になる“おかし”なスポットと2.ケーキや和菓子などの“おかし”屋さんが多い点があげられます。
今回のコース紹介では、1.なんだか気になる“おかし“なスポットを中心にご案内します。

〈お問合せ先〉
鎌ケ谷市商工振興課
TEL:047-445-1141(内線289)

コースマップ

コースの概要

(1)下総小金中野牧跡(野馬土手)→(2)鎌ケ谷大仏→(3)鎌ケ谷スタジアム(ファイターズタウン鎌ケ谷)→(4)鎌ケ谷市役所<スカイビュー>

[所要時間:2~3時間]※施設の見学時間にもよります。

【番外編】

(5)鎌ケ谷市のフルーツ園→(6)鎌ケ谷市の洋菓子・和菓子店

コース詳細

野間土手

(1)下総小金中野牧跡(野馬土手)

<小学校に国指定史跡!?>

江戸幕府が軍馬を確保するため下総地方に設置した小金牧・佐倉牧のうち、鎌ケ谷市域の台地上のほとんどは小金五牧の1つ、中野牧に属し、最盛期には小金牧全体で1,000頭もの野馬が野放し飼いにされました。そのため、人々は野馬が村に入り畑の作物を食い荒らすことを防ぐため、村と牧との境に野馬除けの土手を築きました。また野馬を水呑み場や捕込(野馬を追い込み、捕らえて選別する施設)へ効率的に誘導するための土手(勢子土手)も築かれました。これらを合わせて野馬土手とよびます。

以前野馬土手は市内各所にも数多く所在していましたが、開発などに伴い年々減少しています。そこで、永く保護・保存するため、この初富小学校校庭横に所在する野馬土手は捕込と共に平成19年2月、国史跡に指定されました。この野馬土手は勢子土手と呼ばれる種類の野馬土手です。

車11分

鎌ヶ谷大仏1

鎌ヶ谷大仏2

(2)鎌ケ谷大仏

<小さいのに大仏!?>

安永5年(1776年)、鎌ケ谷宿(かまがやじゅく・当時の宿場)の大国屋(福田)文右衛門が、祖先の供養のために、江戸神田の鋳物師に鋳造させた高さ1.8メートルの釈迦如来座像です。開眼供養には僧侶50人あまりを請じ、江戸の高級料理屋八百膳で300人前の料理を用意するなど、当時「つぼに白金、お平にゃ黄金、皿にゃ小判でとどめ刺す」と歌いはやされた豪勢な様子が伝えられています。鎌ケ谷宿の盛時の有り様がうかがえる文化財です。

日本で唯一、駅名に“大仏”とつき、関東の駅百選にも選ばれた新京成電鉄「鎌ヶ谷大仏駅」から徒歩1分のところにあります。

 

 

車11分

ファイターズスタジアム1

ファイターズスタジアム2

(3)鎌ケ谷スタジアム(ファイターズタウン鎌ケ谷)

<野球スタンドにプール!?>

プロ野球球団の施設「ファイターズタウン鎌ケ谷」があることは、鎌ケ谷市の自慢の一つ♪北海道日本ハムファイターズのファームスタジアムとして、イースタン・リーグの公式戦など、年間約70試合が開催されており、気軽にプロスポーツ観戦を楽しむことができます。

ゴールデン・ウィークや夏休みを始め、年間を通してイベントも開催されるなど、ファンサービスも充実した鎌ケ谷スタジアム。その一つが、日本球界初!外野観客席に設置された常設プール!国内では類のない快適なリゾート空間で野球観戦ができます。

オーロラ・ビジョンを使って映画を上映したり、真夏に雪を降らせたり、子ども達にカブトムシを配ったりと、楽しくて新しい試みに溢れた鎌ケ谷スタジアム♪野球観戦はもちろん、季節によって、様々なイベントを実施しているので、HPをご確認の上、ぜひご来場ください。

【住所】千葉県鎌ケ谷市中沢459

【営業】不定休

【TEL】047-446-5586

【HP】http://www.fighters.co.jp/farm/

 

車10分

鎌ケ谷市役所(スカイビュー)1

鎌ケ谷市役所(スカイビュー)2

(4)鎌ケ谷市役所(スカイビュー)

鎌ケ谷市役所の屋上は、周辺の景色が一望できる意外な穴場スポットです♪天気が良ければ、綺麗な富士山や筑波山が見られるほか、夕方は、夕日に染まる空に富士山と東京スカイツリー、冬の時期は、東京スカイツリーのライトアップや市内の夜景を楽しむことができます。

毎日8時30分~17時00分まで一般開放されており(土・日・祝日・年末年始を除く)、こちらから見える景色を対象としたフォトコンテストも開催されました。

 

 

フルーツ園1

フルーツ園2

(5)【番外編】鎌ケ谷市のフルーツ園

鎌ケ谷市は、県内収穫高3位の梨をはじめ、ぶどうやブルーベリー、桃やいちごなど、シーズンを通して色々な果物の味覚が楽しめるフルーツシティです。農園さんによって、直売の他、フルーツ狩りやもぎとりなど、楽しめる内容や各フルーツの品種が違うので、詳しくは鎌ケ谷市観光農業組合までお問い合わせください♪(TEL:047-445-1141)

鎌ケ谷市の梨を使ってスイーツを作ろう♪鎌ケ谷おもてなしレシピ公開中]

http://www.kama-navi.jp/spot/gourmet/omotenashirecipe/index.html

 

 

 

 

 

洋菓子・和菓子店1

洋菓子・和菓子店2

(5)【番外編】鎌ケ谷市の洋菓子・和菓子店

コース紹介で触れたように、鎌ケ谷市の非常にコンパクトな市域の中には、多くの「おかし」屋さんがあります。各お店で、職人さんが細部までこだわった和菓子や色とりどりのケーキなどが販売されています。お気に入りのお店を見つけてみてください。

また、お土産として人気の「鎌ケ谷市ふるさと産品」の中には、市内のお菓子屋さんが作った製品もありますので、ぜひお買い求めください。

 

 

さいごに

今回は、鎌ケ谷市の“おかしな”鎌ケ谷満喫コースと題して、鎌ケ谷の1.なんだか気になる“おかし”なスポットを中心に、番外編で2.ケーキや和菓子などの“おかし”屋さんをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

市内のその他の不思議スポットや詳しいお菓子屋さんのご案内は、市が平成26年度に作成した「おかしな鎌ケ谷MAP」に掲載しています。こちらのサイト(http://www.kama-navi.jp/download.html(外部サイトへリンク))から、ダウンロードできますので、チェックしてみてください♪

鎌ケ谷市一口メモ

<かまがやグルっとキャンペーン実施中>http://www.kamagaya-gurutto.jp/(外部サイトへリンク)

今回ご紹介した鎌ケ谷市が誇る観光の3大コンテンツ「鎌ケ谷大仏」「ファイターズタウン」「梨園・ぶどう園」をはじめ、鎌ケ谷市には、何かと気になる施設がたくさんあります。これらの観光地をおよそ半額で楽しめるお得な「入園・入場割引券」を販売中です。

また、市内の宿泊施設2か所を通常の半額で利用できる「プレミアム付き宿泊券」も販売しているため、観光で疲れた方も安心です。

「入園・入場割引券」「プレミアム付き宿泊券」は、全国のコンビニでお買い求めいただけます。市内各所を巡ることで参加でき、鎌ケ谷市の特産品が当たるスタンプラリーも同時開催中ですので、この機会に市内の観光スポットを回ってみませんか♪

対象施設により、チケット利用可能期間が異なります。事前にお問い合わせください。

宿泊券を除き、キャンペーンは平成27年9月30日で終了です。

【お問い合わせ先】

かまがやグルっとキャンペーン事務局9時30分~17時30分(土日祝日除く)

TEL:043-290-1027

FAX:043-255-1673

E-mail:kamagaya-gurutto@jtbtrading.jp