ホーム > おすすめコース > 週末ぶらり千葉の旅 > 週末ぶらり千葉の旅バックナンバー > vol.24【一宮町】「季節のご当地スイーツ『いちご大福』と歴史感じるまちなみ巡り!」コース

ここから本文です。

更新日:2014年9月17日

vol.24【一宮町】「季節のご当地スイーツ『いちご大福』と歴史感じるまちなみ巡り!」コース

一宮町 産業観光課 中村さん

今回は一宮町の中村さんがお奨めする「季節のご当地スイーツ『いちご大福』と歴史感じるまちなみ巡り!」コースをご紹介します。
一宮町はたくさんの自然や歴史があります。また、ひとたび海岸通りに出れば釣りやマリンスポーツも盛んな魅力ある町です。今回は、その中の一部をご紹介します。舞台は「まちなか」、距離も1キロ未満と非常に短いコースですが、季節のご当地スイーツ「いちご大福」をはじめ、歴史ある神社・仏閣も堪能できます。また、コース途中には、古くレアな建造物のほか、知る人ぞ知る「おいしいお店」もありますので、ぜひその目でお確かめ下さい。詳しくはコースマップで!
いちご大福の販売開始時期は店舗により異なりますので、12月中にご予定の場合は、事前に確認願います。
<コースお問合せ先>
一宮町産業観光課 電話:0475-42-1425

一宮町観光協会ホームページ(外部サイトへリンク)

コースマップ

いちご大福とまちなみ巡りコースマップ

いちご大福とまちなみ巡りコースマップ(PDF:1,837KB)

拡大マップへ(PDF:1,837KB)

一宮町ガイドMAP

一宮町MAP(PDF:713KB)

拡大マップへ(PDF:713KB)

コース概要

(1)JR上総一宮駅前→(2)大勝堂→(3)和菓子司 角八本店→(4)和菓子司 かねきち→(5)玉前神社→(6)観明寺 【所要時間:約1時間】 ※施設の見学時間にもよります。

JR上総一ノ宮駅前周辺の画像

(1)JR上総一ノ宮駅前周辺

一宮町はJR東京駅から特急電車で約1時間と非常にアクセスがよく、気軽にお出かけできる場所になってます。駅を出て左手には一宮駅前観光物産直売所があり、朝(8時30分)から地元のとれたて野菜などが並び賑わいます。また、駅を出た正面には、一宮町広報大使の「一宮 いっちゃん」が皆さんをお出迎えしてくれます。

※一宮駅前観光物産直売所は火曜日が定休日です。また、年末年始の2012年12月31日~2013年1月5日もお休みです。

徒歩 約2分

大勝堂(たいしょうどう)の画像

(2)大勝堂(たいしょうどう)

こちらの大勝堂は地元に愛される隠れた名店。
手作りサンドイッチや手作りクレープ、和菓子はご夫婦が生んだ店の味です。サンドイッチは可能な限り一宮産の素材を使用したもので、とてもフレッシュです。そして、手作りだからこそ出せる味が、食べた皆さんを虜にしています。また、イチゴの時期になると、ご当地スイーツの「いちご大福」を販売しています。アットホームな感じで、小さいお子様からお年寄りまで幅広い世代の方に親しまれているお店です。皆さんも、ぜひ手作りの味をお試しください。

【大勝堂】

  • TEL 0475-42-3147
  • 営業時間 AM7時00分~PM7時00分
  • 定休日 火曜日

徒歩 約3分

和菓子司 角八本店の画像

みかん大福

(3)和菓子司 角八本店(かどはちほんてん)

一宮町の特産品「トマト、梨、メロン」を使用したパイやゼリー、羊羹と見ているだけでも楽しいお店。また、角八本店の大ヒット商品「みかん大福」は、みかんが丸ごと入ったみずみずしい大福で、この店の逸品。店主が、「正直ここまでみかんと大福の相性が良いとは思っておりませんでした。」というほど自信のある商品ですので、皆さんもぜひ、お試しください。(落花生くりーむ大福やあんずチーズ大福などもありますよ。)
他にも地元を愛する角八本店ならではの「一宮いっちゃんどら焼き」などのオリジナル商品が皆さんをお待ちしています。
もちろん、このお店でも甘くておいしい「いちご大福」を販売しています。

【角八本店】

  • TEL 0475-42-2068
  • 営業時間 AM7時00分~PM6時00分
  • 定休日 木曜日

徒歩 約1分

和菓子司 かねきちの画像

いちご大福の画像

いちご大福

九十九里最中の画像

九十九里最中

(4)和菓子司 かねきち

かねきちは、江戸時代に上総一の宮で和菓子店を創業した、現在唯一の和菓子老舗です。
12代将軍 徳川家慶の時代に、京都嵯峨御所御墨付をいただき、現在まで和菓子司として玉前神社参道に店舗を構えています。
このお店のお菓子は、どれも和を追求した上品で優しい味のものばかり。はまぐりの形をした一宮名物 銘菓「九十九里最中」はつぶあん・こしあんのほかに海苔の風味漂う、しろあんの3種類、ミルクとバターを練りこんだ天皇皇后両陛下献上菓子の「上総の月」はふんわりとした食感、なんといっても「一宮元祖 いちご大福」は絶品で、いちご、お餅、白餡すべてにこだわりをもち、毎日作りたてで新鮮なものを提供しています。売り切れの場合が多いため予約を忘れずに。

【かねきち】

  • TEL 0475-42-3233
  • 営業時間 AM8時30分~PM5時30分
  • 休み 月曜日

徒歩 約1分

玉前神社(本殿)の画像

本殿

玉前神社(正面)の画像

正面

(5)玉前神社(たまさきじんじゃ)

玉前神社は、神武天皇の母である玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祭神とする格式の高い神社です。また、女性の神様として縁結び、子授け、安産、子育てなどにご利益があるといわれ、遠方からの客も多く訪れます。最近は「パワースポット」としても有名です。
境内には、江戸中期頃の建立としては全国的にも珍しい、大きな石鳥居のほか、両手で触れて子宝を願うとよいといわれる子宝・子授けいちょうなどがあります。
現在、本殿は改修中ですが、側面及び背面に施されている7つの蛙股(かえるまた)の彫刻は復元作業が終了し、建立当時(300年以上前)の色彩が見事によみがえっています。
また、この地域ならではの珍しい「長生守」や「波乗守」、のほか「子授御守」や「安産守」、天然石の「勾玉守」は大人気です。

玉前神社(外部サイトへリンク)

TEL 0475-42-2711

子宝・子授けいちょう

子宝・子授けいちょう

石鳥居

石鳥居

蛙股の彫刻(龍)

蛙股の彫刻(龍)

人気のおまもり

人気のお守り

徒歩 約1分

観明寺の画像

本堂

(6)観明寺(かんみょうじ)

江戸時代初期に建てられた町内最古の建築であるといわれる四脚門をくぐりまっすぐ進むと、その先に観明寺の本堂が見えてきます。このお寺は金毘羅堂や水屋といった、たくさんの文化財(建物等)が敷地内にあり、ひとつひとつに見ごたえがあります。特に、建物の彫刻はすばらしいですよ。また、大晦日は、境内で餅や甘酒がふるまわれ、除夜の鐘(鐘楼)を一度つこうと、たくさんの客が参列します。
春には、九十九里「浜の七福神」スタンプラリーも行われます。

観明寺(外部サイトへリンク)

TEL 0475-42-2342

金毘羅堂

金毘羅堂

四脚門

四脚門

ライトアップされた大晦日

ライトアップされた大晦日

九十九里「浜の七福神」

さいごに

一宮町は年末年始、初日の出、初詣、初乗り(サーフィン、ボディーボード)と多くのお客で賑わいます。また、この時期はいちご狩りも楽しめますので、家族や恋人、友人とお越しください。

初日の出 サーフィン

一宮 一口メモ

いっちゃん

一宮町観光案内所(AM8時30分~PM5時00分)ではアンケートにご協力いただいた方に、「一宮いっちゃん」のストラップをプレゼントしています(無くなり次第終了します)。
新しい発見などありましたら、教えてください。
お帰りの際に、お立ち寄りください。

また、上総の国一宮を会場に「潮風ウォークとパワースポット巡り」と題し、玉前神社などのパワースポットやご当地グルメを堪能できる『ぐるっと長生フェスタ「ノルディックウォーク」2013 in 一宮(外部サイトへリンク)』(2月10日(日曜日))が開催されます。
応募期間は2013年1月20日(日曜日)まで(先着順)ですので、ぜひ、ご参加ください!

画像:一宮町イメージキャラクター「一宮いっちゃん」 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。