ホーム > おすすめコース > 週末ぶらり千葉の旅 > 週末ぶらり千葉の旅バックナンバー > vol.56-1【南房総地域】夏目漱石・正岡子規の足跡をたどる南房総の旅(コース1)

ここから本文です。

更新日:2016年11月2日

vol.56-1【南房総地域】夏目漱石・正岡子規の足跡をたどる南房総の旅(コース1)

安房地域振興事務所紹介者

安房地域振興事務所

皆さんは夏目漱石と正岡子規が房総を旅していたことをご存知ですか?
二人は学生時代、お互いの才能を認め合う親友であり、それぞれが房総を旅して、漱石は「木屑録(ぼくせつろく)」、子規は「かくれ蓑(みの)」等の紀行文を残しました。
2016年は漱石没後100年、2017年は二人の生誕150年にあたります。この機会に二人が旅した足跡を辿ることで、明治の文豪・俳人が目にした風景を追体験し、安房地域の歴史・文化の豊かさを感じてみてはいかがでしょうか。
コース1では鋸南町、館山市を中心に二人に縁のあるスポットを巡ります。

コースマップ

・コースマップ 1(PDF:1,175KB)

・コースマップ 2(PDF:319KB)

コース概要

(1)鋸山日本寺≪90分≫→(2)房州海水浴場発祥の碑≪10分≫→(3)道の駅 保田小≪90分≫

→(4)崖観音大福寺≪30分≫→(5)那古寺≪30分≫

見学に係る時間は目安です。

日本寺1

日本寺2

(1)鋸山日本寺

 

鋸南町元名にある日本寺は、日本一の高さを誇る磨崖仏や石切り場跡に彫られた百尺観音等が荘厳な雰囲気を漂わせており、外国人観光客を含め多数のお客様が訪れています。

境内には2000段以上の石段の参道が張り巡らされているので、歩きやすい靴で訪問すると広い日本寺を余すことなく楽しめます。休日には江戸時代の建物である呑海楼(どんかいろう)が茶屋として公開され、小休止のお茶をすることもできます(有料)。

漱石は鋸山の風景を激賞し、日本寺の羅漢像を絶賛しています。子規もまた、俗界を離れた空気に心打たれたと記しています。

 

 

【住所】鋸南町元名184

 

【拝観時間】8:00 ~ 17:00 

【拝観料】大人600円 小人(4~12歳)400円

車 10分

保田海水浴発祥の碑

(2)房州海水浴発祥の碑(保田海水浴場)

 

日本寺近くの保田海岸に房州海水浴発祥の碑はあります。この碑は、1889年に漱石が保田で楽しんだ海水浴が房州で最初に行われた海水浴であったとして建てられました。

保田海岸からは晴れていれば三浦半島・富士山まで見渡すことができます。漱石も見たであろう穏やかな海ときれいな景色に心癒されてはいかがでしょうか。

 

 

住所】鋸南町保田13

 

車 15分

 

道の駅保田小1

 

道の駅保田小2

(3)道の駅保田小学校

 

メディアにも多数取り上げられている廃校を活用したユニークな道の駅です。地域の味覚や房州土産を多数取り揃えている他に、地元で人気の中華料理店、イタリア料理店、カフェなどで食事を楽しむこともできます。

観光の途中での小休止、地元ならではのお土産の購入に最適なスポットです。

 

 

【住所】鋸南町保田724

 

【営業時間】9:00 ~ 18:00(各テナントにより異なる)。年中無休。

 

 

  

 

 

 

 

車  25分

崖観音

 

(4)崖観音大福寺

 

大福寺は館山市船形にあります。境内には崖造りの観音堂があり、崖観音と言われています。

観音堂は平成28年7月に約1年半の全面改修工事を終え、舞台の柱などは鮮やかな朱色に塗りなおされ、堂内の天井画も一新をされました。

崖に張り付くように立つお堂の姿は迫力抜群です。

正岡子規は彫刻を見に大福寺を訪れますが、何らかの理由で見ることができませんでした。

 

 

【住所】館山市船形835

 

【拝観時間】9:00 ~ 日没

 

車 10分

那古寺

 

(5)那古寺

 

那古寺は館山市那古にあります。

安房国札三十四霊場の第一番札所であると同時に、鎌倉の杉本寺から始まる坂東三十三霊場・第三十三札所の結願寺としても知られています

境内からは鏡ヶ浦の穏やかな海を一望できる絶景が広がり、特に夕暮れは美しく、写真が趣味の方にもお勧めのスポットです。

正岡子規は「かくれみの草稿」で那古寺から見る景色を「眺望絶佳」と記しています。

 

 

【住所】館山市那古1125

 

 

車 25分

菊香堂マドレーヌ

 

【番外編】鋸南町菊香堂の漱石のとび色マドレーヌ

 

鋸南町の保田駅前通り商店街にある菊香堂では漱石の鋸南町来訪を記念してオリジナルのマドレーヌがつくられました。

夏目漱石の代表的な小説「こころ」の中で、主人公が奥さんから「チョコレートを塗った鳶色(とびいろ)のカステラ」をもらうシーンがあります。

このマドレーヌもココア生地にチョコレートがたっぷり練りこまれており、仄かに夏ミカンが香ります。

旅中のおやつやお土産に是非お勧めしたい一品です。

 

 

【住所】鋸南町保田238

 

【営業時間】6:30 ~ 19:00

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。