ホーム > 2019ちばの秋まつり

ここから本文です。

更新日:2019年9月9日

ちばの秋まつり2019

すぐにわかる千葉の魅力

台風15号・19号の影響により、開催中止する場合があります。あらかじめお問合せのうえお出かけください。

千葉県で開催される秋祭りを紹介します。
観て圧巻の祭から、伝統的な神事まで、千葉県では様々な祭が催しされます。
地域ならではの神輿や山車を引き、掛け声や笛・太鼓の音色が響きます。
ちばの秋まつり、存分にお楽しみください。

お出かけになる前は必ず、開催の有無をご確認ください。

ベイエリア

東葛飾

北総

九十九里

南房総

かずさ・臨海

ベイエリア

【市川市】大荒行入行会(だいあらぎょうにゅうぎょうえ)

毎年11月1日~2月10日までの百日間、全国から集まった僧侶による「大荒行」と呼ばれる寒中の厳しい修行が行われます。修行開始の儀式が11月1日の「大荒行入行会」(だいあらぎょうにゅうぎょうえ)、2月10日の「大荒行成満会」(だいあらぎょうじょうまんえ)です。

★開催日時:2019年11月1日 /9時00分~

★詳しくはこちら

【市川市】お十夜会(寺宝一般公開)

徳願寺は徳川家と宮本武蔵ゆかりの伝説が残るお寺で、円山応挙の幽霊画、宮本武蔵の筆による書画など寺宝も多い名刹です。
山門、鐘桜、経蔵等は、その様式、彫刻など、どれをとっても一見の価値あり。毎年一回「お十夜」の日に寺宝が一般公開され、檀家をはじめ多くの見学者で賑わいます。

★開催期間:2019年11月16日 /13時00分~16時30分

★詳しくはこちら

【市川市】香取神宮例祭 ★台風19号の影響により中止となりました★

香取(かとり)神社祭礼は欠真間、香取(かんどり)、湊新田、湊の四ヶ村が行う300年の伝統を持つお祭りで、3年に一度開催されます。前日の宵宮では、婦人部によるパレードが行われます。また、香取神社境内では33年振りにお囃子が復活します。
当日の本祭りは、6時に御霊入れをして、神輿が町内を一日かけて練り歩きます。神輿の担ぎ方やもみ方が一般では見られない、行徳独特のものが見どころです。

✽開催期間:2019年10月13日/6時から18時まで

✽詳しくはこちら

【市川市】手児奈祭り ★終了★

 万葉集にも登場する伝説の美女「手児奈」ゆかりの祭りです。
手児奈通り(歩行者天国)では、各種露店やフリーマーケットの出展など様々な企画が用意されています。神輿渡御、女性太鼓、上棟式、江戸かっぽれを踊り歩きながら手児奈音頭も歌われます。同時に福引の売り出しも行います。

 ✽開催期間:2019年10月6日/10時~17時

✽詳しくはこちら

【船橋市】二宮神社の神楽 ★終了★

市指定無形民俗文化財。当日の天候やお客の集まり等をみて、何座演じるかを決める。神に奉納するという厳粛な面と娯楽性という面を併せもち、長い間に独自の演出や工夫が加えられて、特色あるものとなっている。

✽開催期間:2019年10月14日、10月16日

✽詳しくはこちら

【船橋市】高根町神明社の神楽 ★終了★

市指定無形民俗文化財。高根の鎮守の森に囲まれた神楽殿で、当日は14座ほどが演じられる。
厳粛な雰囲気と共に、五穀豊穣とムラの安全を願ってきた高根の人たちの想いが込められている。

✽開催期間:2019年10月15日、10月24日 18時~

✽詳しくはこちら

【船橋市】船橋大神宮の神楽 ★終了★

 市指定無形民俗文化財。当日は7座ほどが演じられる。蛭子舞(ひるこまい)のような海に関係の深い曲目が大切にされていることは、船橋が江戸湾に臨んで良い漁場がひかえていた土地であったことに関連した特色とされている。この日は船橋大神宮の例大祭で、境内では奉納相撲大会も開催される。

 ✽開催期間:2019年10月20日/11時30分

✽詳しくはこちら

【船橋市】飯山満町大宮神社の神楽 ★終了★

市指定無形民俗文化財。当日は12座ほどが演じられる。農業が盛んであった飯山満の地で、独自の工夫を加え、五穀豊穣を願い、豊作に感謝して伝えられてきた特色のある神楽である。

✽開催期間:2019年10月23日/17時ごろから

✽詳しくはこちら

【四街道】栗山ばやし ★台風19号の影響により中止となりました★

栗山農村歌舞伎一座の伝統を受け継ぐ「栗山ばやし」は、江戸時代の宝永3年(1706)5月創建と伝わる栗山香取神宮の祭礼で奉納される御囃子です。御囃子は五曲の演目で、面はおかめ、ひょっとこなどがあり、太鼓、笛、鉦(かね)で構成されています。昭和58年(1983)4月15日に四街道市の無形民俗文化財に指定されました。

 

✽開催期間:2019年10月13日

✽詳しくはこちら

 

ページの先頭へ戻る

 東葛飾エリア

【流山市】第35回流山人形供養会 ★台風19号の影響により中止となりました★

壊れたり飾れなくなったりした人形を持参していただき、供養をして人形に感謝の心を捧げることを目的としています。市内外から集まった約2,000体の人形に、成顕寺住職らの読経や子供たちの感謝の言葉を捧げた後、お焚き上げに点火され、参列者たちの焼香と合掌により供養します。

✽開催期間:2019年10月12日/受付9時~10時30分(予定)

✽詳しくはこちら

【流山市】赤城神社 大しめ縄行事 ★終了★

赤城神社の例祭前に氏子が大きなしめ縄を作って奉納し、山門にとりつけます。この大しめ縄行事は、市の無形民俗文化財に指定されています。流山5丁目から8丁目地区の人々が、丁目ごとに4班に分かれ、3つの班が青竹を芯にワラと縄を巻きつけて1本ずつのしめ縄を作り、残りの1班が飾り縄などを作ります。
完成した3本のしめ縄をより合わせ、鳥居前の鉄柱に掲げます。
長さ約10m・重さ約500kgもあるといわれる大しめ縄を持ち上げるのは大変な作業で、みんなで息を合わせて行います。

✽開催期間:2019年10月13日、10月19日~20日

✽詳しくはこちら

【我孫子市】子之神大黒天延寿院の柴燈護摩火渡り ★終了★

山伏姿の僧侶が呪文を唱え、古い御札や護摩木を燃やして、まだ火が残っている所を裸足で渡り歩きます。その後、信者も裸足で渡ります。

 ✽開催期間:2019年10月27日/14時から

✽詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る

北総エリア

【銚子市】菅原大神 秋の例祭

菅原大神には、大小90個の子宝石(子産石)がありその石を抱くと子宝に恵まれるという言い伝えがあります。毎年、春の例祭(2月25日)と秋の例祭(11月25日)に全国から大勢の方々がお参りに訪れます。

★開催期間:2019年11月25日 /午前10時から(受付開始は午7時30分から)

★詳しくはこちら

【印西市】鳥見神社の神楽 ★終了★

毎年10月17日、中根地区の鳥見神社例大祭に社前の神楽殿で演じられ、「大和神楽」又は「十二座神楽」と呼ばれています。
 起源は、室町時代の文安年中(1444年~1449年)にまでさかのぼると伝えられており、現在使われている面には、江戸時代の宝暦元年(1751年)の銘が入っています。「かため翁(おきな)の神」・「五穀(ごこく)祖(そ)神(じん)種蒔(たねまき)」・「榊(ゆ)笹(ざさ)行事」・「天(てん)狐(こ)乱舞(らんぶ)」・「おのころ島起源」などで構成されるその内容は神代の物語と郷土の農耕生活を反映しています。

✽開催期間:2019年10月17日/12時50分~16時

✽詳しくはこちら

【印西市】浦部の神楽 ★終了★

浦部の神楽は、鳥見神社例大祭に浦部地区の鳥見神社神楽殿で奉納されます。
 この神楽は12の演目が伝承され演じられてきたことから「十二座神楽」ともいわれています。
演目は「神子(みこ)の舞」・「翁(おきな)の舞」・「神明(しんめい)の舞」・「鈿女(うずめ)の舞」・「えびすの舞」・「鍛冶(かじ)の舞」・「榊(さかき)葉(ば)の舞」・「二匹天(にひきてん)狐(こ)の舞」・「玉取(たまと)り舞」・「大蛇(おろち)の舞」・「天之(あまの)岩戸(いわと)の舞」・「火男(ひょっとこ)の舞」で構成されています。その内容は、演目名からうかがえるように、神話を題材としたものが多くあります。神楽の由来は、江戸時代初期に八千代市村上から伝えられたとも、旗本上杉家(地頭)祈願所として鳥見神社を鎮座した際に江戸より求め伝えられたとも言われています。

✽開催期間:2019年10月20日/13時30分~20時30分

✽詳しくはこちら

【香取市】佐原の大祭 秋祭り ★台風19号の影響により12日は中止となりました★

小江戸佐原の一大イベント「佐原の大祭」は、国の重要無形民俗文化財に指定されており、関東三大山車祭りの1つと称され、約300年の伝統を有します。自慢の山車は、総欅造(そうけやきづく)り等の本体に関東彫りの重厚な彫刻が飾り付けられ、上部には江戸・明治期の名人人形師によって制作された高さ4mにも及ぶ大人形などが飾られています。日本三大囃子「佐原囃子」を町中に響かせながら、小江戸と呼ばれる町並み(国選定重要伝統的建造物群保存地区)を、家々の軒先をかすめながら山車が進むさまは風情たっぷりで、江戸時代の情景を彷彿とさせます。

✽開催期間:2019年10月11日~10月13日/10時から22時

✽詳しくはこちら

【佐倉市】佐倉の秋祭り ★台風19号の影響により中止となりました★

江戸時代から300年以上の歴史を誇る佐倉の秋祭り。20以上の山車・御神酒(おみき)所(しょ)・御輿が、鍵の手のような城下町を盛大に練り歩きます。山車や御神酒所がすれ違う様子や、佐倉囃子に合わせた「えっさのこらさのえっさっさ」の掛け声、踊りは佐倉ならではのものです。

✽開催期間:2019年10月11日~10月13日/15時~22時

✽詳しくはこちら

【富里市】中沢麦つき踊り ★終了★

中沢の稲荷神社で10月の祭礼の際に奉納される踊りです。
かつて麦つきをしながら、それぞれが即興で歌った歌詞に、後年、踊りの振りをつけたもので、歌に合わせて輪になって踊ります。毎年、祭礼の際に披露され、富里市の無形民俗文化財に指定されています。

✽開催期間:2019年10月17日/8時30分から9時30分

✽詳しくはこちら

【東庄町】東大社 秋の祭り やぶさめ神事 ★終了★

五穀豊穣を祈願し、氏子の里から奉納された13枚の御的を、騎射装束を着た神職が社前の庭上から弓矢で射る神事です。この縁起の良い矢を競って取り合いますが、東大社は授子安産の信仰があることから、白い羽根の矢を拾うと男の子、赤い羽根の矢を拾うと女の子を授かるといわれています。

✽開催期間:2019年10月19日~10月20日

✽詳しくはこちら

【成田市】成田弦まつり ★終了★

 成田の秋のイベントとして知られる成田弦まつりは、お不動様のご利益を再現し、そのご加護に感謝しつつ、さらにご利益をいただけるようお祝いするイベントです。
成田山表参道の様々な場所で奏でられる弦楽器の演奏を中心に、門前成田寄席(落語)や成田のをどりパレードなど、様々なイベントが開催されます。

✽開催期間:2019年10月19日~10月20日

✽詳しくはこちら

 

ページの先頭へ戻る

南房総エリア

【鴨川市】/誕生寺 御会式(おえしき)

★開催期間:2019年11月12日 /11時00分~15時30分

★詳しくはこちら

【大多喜町】大多喜お城まつり ★台風19号の影響により中止となりました★

大多喜お城まつりは、昭和50年の大多喜城(千葉県立中央博物館大多喜城分館)の再建を記念して開催されています。10月12日(土曜日)の前夜祭では、メインストリートの城下町通りを夜間歩行者天国として、キャンドルカップに光を入れた光アート展などを行います。10月13日(日曜日)の本祭では、徳川四天王の一人である本多忠勝公の一行に扮した武者行列や神輿が城下町に集結し、手作りの甲冑を身に着けた甲冑隊や鉄砲隊などによるパレードが大多喜小学校から市街地を練り歩きます。

✽開催期間:2019年10月12日~10月13日

✽詳しくはこちら

 

【鴨川市】和泉の三役 ★台風19号の影響により中止となりました★

男金(おがな)神社の祭礼で奉納される五穀豊穣と無病息災を祈念する「棒術」、「羯鼓舞(かっこまい)」、「神楽獅子舞」が和泉公会堂で公開されます。和泉区内の3地区でそれぞれ行われていたものを、「三役」として奉納したのは江戸時代の文政年間からと伝えられています。市街地からも多くの人々が訪れ、賑わいをみせます。

✽開催期間:2019年10月13日/12時ごろから

✽詳しくはこちら

【鴨川市】棚田のあかり・棚田の夜祭り

10月26日(土曜日)から27日(日曜日)までの2日間、棚田の夜祭りが開催されます。LEDキャンドル10,000本に加えて、松明3,000本によるライトアップがおこなわれ、ステージイベントや、イベント終了時にはエンディング花火を予定しています。

このほか、10月28日(月曜日)~1月5日(日曜日)(16時30分頃~20時00分頃)(予定)LEDキャンドル10,000本による長期間のライトアップ「棚田のあかり」が行われます。

✽開催期間:2019年10月26日~10月27日/2019年10月28日~1月5日

✽詳しくはこちら

【南房総市】秋の例大祭・庖丁式奉納(旧神嘗祭)

日本で唯一、料理の祖神をまつる高家神社は、千倉町谷津地区の海を見下ろす山裾に鎮座しています。
古くから味噌、醤油の神様としても全国にその名を知られ、調理師、調味加工業者の信仰を集めてきました。庖丁式は、烏帽子・直垂をまとい、庖丁とまな箸を用いていっさい手をふれることなく、真鯛・鯉・真魚鰹などを調理します。
古式に則った所作とその庖丁さばきは、まさに熟練の技。日本料理の伝統を今に伝える厳粛な儀式です。
5月17日の春の例大祭、10月17日の秋の例大祭、11月23日の新穀感謝祭の時に行われます。

✽開催期間:2019年10月17日、2019年11月23日/11時頃から

✽詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る

 かずさ・臨海エリア

【市原市】大宮神社秋季大祭

市原市の中心・五井の市街地に位置し、社殿や参道が静かで落ち着いた雰囲気のある大宮神社では、毎年、春と秋に祭典が行われます。

11月1日(木)は午前中に例祭、2日(金)は夕方から三町会各山車御霊入れ神事が行われます。

3日(土・祝)は、市内において山車の奉曳や山車と祭囃子の競演が行われるほか、神社の境内で神楽が奉納されます。

★詳しくはこちら

【市原市】第9回上総いちはら国府祭り ★終了★

  「上総いちはら国府祭り」は、今年で第9回を迎えます。市原の歴史と文化をモチーフにした「時代絵巻行列」や「山鉾・山車の巡行」、市内の町会など多くの団体が参加する伝統の「練り踊り」、市を4つの地域に分けて競い合う「いちはら大綱引」、市内外から実力派チームが集い演舞を披露する「ちばYOSAKOI」など、魅力的なイベントが盛り沢山です。また、会場では、約100店舗のグルメが集う「国府市」がおもてなし。ぜひ、一緒にお祭りを盛り上げましょう。

✽開催期間:2019年10月5日(土)~6日(日)

✽詳しくはこちら

【市原市】高瀧神社秋季大祭 ★終了★

高瀧神社秋季大祭は、喧嘩祭りとも呼ばれ、流鏑馬や神輿の渡御などが行われます。
豊作を占うために行われる流鏑馬は、現在は、馬を引きながら行っています。
社殿を出発した3基の神輿は、石段を下り、ダム湖畔で禊をした後、宮入り直前で勇壮にもみあいます。

✽開催期間:2019年10月20日/流鏑馬/12時30分~、神輿渡御/13時00分~

✽詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る